柑橘の付加価値販売【O】



戦略O:柑橘【Orange】  npo戦略 和×夢 nagomu farm


付加価値販売の手段【2つの手法】


紀南地方を代表する作物

【柑橘】の収益UPを図る取り組みが、

『柑橘の付加価値販売です
『付加価値販売を実践する

【2つの手法は、右のとおり。

壱.小玉みかんの付加価値販売

  『甘ちゃん。』

 

弐.園主Selectの7種の晩柑

  を付加価値販売

  『七武柑』


甘ちゃん。【早生温州】


当園では、約50aの柑橘栽培をしています。

その大部分は、『温州みかん』になります。

当園の『温州みかん』は、

12月上旬まで樹上に着果させ、

完熟【木熟】の状態で収獲しています。

 

梅主軸の経営体系で、

夏場の摘果作業不足という【弱点】を逆手により

【着果負担】で、自然に食味が上がる

【小玉みかん】を負荷価値販売に繋げる

取り組みをしています。

 

その小玉みかんの商品名を、

『ちぃちゃいおみかん【甘ちゃん。】』と命名し、

袋詰め販売/個別箱注文対応する手法をとっています。

※『甘ちゃん。』に関する詳細は、

 上のアイコンをクリックすると、

 対象ページにジャンプします。

12月木熟収獲みかん
12月木熟収獲みかん

七武柑【園主Selectの7種の晩柑】


【商品加工】/【露天販売】を意識して

数多ある柑橘の中から7種の晩柑を

園主がSelectして栽培しています。

 

【武器になる7種の晩柑】の意味合いから、

『七武柑』と命名し、

各々7種に応じた【ネーミング】を付け、

付加価値販売に努めてます。

※下の晩柑写真をクリックすると、詳細ページにジャンプします



インド原産の柑橘

独特の香り&コクのある味で食べやすい

1月収穫し、2月販売しています


日向夏の交雑品種

果頂部が【リング状】に凹み

酸度が低く、『甘サッパリ』する食感

2~3月収獲し、3月販売しています


インドヒマラヤ山麓原産といわれる柑橘

輸入レモンの【ポストハーベスト農薬問題】が注目を浴び

国産レモンが注目されている

1月収獲&販売をしています


【新甘夏】と呼ばれる甘夏の枝変わり品種

酸味と甘味があるスッキリとした『大人向き』な味

4月に収獲し、5月販売しています


イスラエル原産のグレープフルーツ系統品種

果皮が緑色で、サッパリする清涼感のある味

12月~2月シーズンに収獲販売

※現在、販売に向け育成中


文旦とグレープフルーツの交雑品種

ピンク系果肉が特徴で、ほんのり甘い文旦と同じ味

1月~3月シーズンに収獲販売

※現在、販売に向け育成中


インド原産の香酸柑橘品種

芳香があり、長楕円体の特徴的な形で観賞用で利用

12月に収獲販売

※現在、販売に向け育成中