や行【詞集】



や行【地紋:矢絣】 襲和詞アイコン

矢絣【紋様】とは?


◆矢羽を図案化した紋様

◆和服や千代紙の柄に利用されることが多い

 紫色の矢絣柄は、時代劇や歌舞伎の腰元への利用が多い

◆江戸時代に、【結婚】の際に矢絣柄の着物を持たせると、

 出戻ってこない(射た矢は戻ってこない)事から縁起柄に

◆明治・大正時代の頃、女学生の間で

 【矢絣のお召し&えび茶色の袴】の衣装が大流行

や行【詞集】