八代目園主『夢追い人』【アイコン】 和×夢 nagomu farm

『園主』のブログ




     日々の農作業や農業経営に関する綴りを記しています。


最新『園主』のブログ

冬至 改縮2018【耕作面積の改善的縮小】


改縮2018【耕作面積の改善的縮小】  和×夢 nagomu farm

当園は、幸いにも両親ともに未だ健在で、

大半の農作業を家内労力でこなしています。

とは言え、両親ともに【70代】…。

◆ 両親高齢化による家内労力の低下

◆ 2018年【豊作】時の、梅繁忙期作業量

◆ 今までの改植園地の成長による【自然増】

以上を考慮すると、現耕作面積は多すぎると考えています。

 

適正面積への改善的な縮小『改縮』を、

2018年秋冬期に、本格的に推し進める必要性を感じています。

その点を意識し、資料化した内容を中心に、

『改縮【2018】』について以下に記します。


壱. 改縮【2018】への経緯

先代たちが、築き拡張してきた耕作面積は、

十数年前【約3.5ha】が、最盛期でした。

※当時の梅栽培面積は、【約3.0ha】

 

近年の、

南高梅価格低迷による経営状況悪化etc.から、

◆条件悪園地の【廃園/間伐】

◆紫宝梅™『ミスなでしこⓇ』への園地改植

を施行した結果、

2018年現在の全耕作面積は

【約2.8ha】に縮小しています。

 

豊作だった2018年梅繁忙期を終え、

将来を見据えて、更なる耕作面積の縮小を図り

本格的に実践する必要性を感じています。

耕作面積の改善的縮小『改縮』の今期計画、

『改縮2018』を打ち出しました 


弐. 中期改善計画【5年計画】

経営戦略【中期計画:5年計画】和×夢 nagomu farm


2017年に、中期改善計画を打ち出し、
耕作面積の改善的縮小【改縮】をスタートしています。

 

現時点で、

収入の8割程度ある『南高梅』中心の経営から

紫宝梅™『ミスなでしこ®』へ経営の主軸への

移行を実践する為の計画表です。

 

家内労力低下による

現耕作面積の【営農限界】を意識した

改縮計画を具体化しています。

全耕作面積【2.8ha】の約25%縮小を

実践して、【2.0ha】を目標に掲げてます

 

◆『南高梅』の作柄&販売価格の変動幅が大きく不安定

◆ 漬け梅主体の経営形態実践に【限界】

  ⇒干し作業を重視すれば、秋冬期作業に大きく影響

◆ 労力を考慮した場合、経営に必須な耕作面積を運営不可能

 

以上の理由から、

【反収穫量】<【反収益額】を最優先し

紫宝梅™『ミスなでしこⓇ』で収益を確保し

耕作面積【25%減】を図りながら、

現状維持の売上実現を目指しています。


弐. 改縮【2018】実践計画

梅園地【改植2018】実践計画表  和×夢 nagomu farm

改植【2017】より、

◆ 密植園地の【交配樹】間伐

◆ 生育不良樹/枯死樹の伐採対応

◆ 条件悪園地の縮小【廃園】

◆『ミスなでしこⓇ』収穫作業と重複する

 『南高梅』手取り園地の【縮小】

を、本格的に実践する計画を立てています。

改植【2018】では、

◆ ミスなでしこ® 日照条件悪園地の伐採

◆『南高梅』手取り園地の大幅縮小

◆ 老木樹を中心に南高梅漬け園地の作業効率重視

 

を中心に、『改縮』計画を打ち出しました。

詳しくは、品種別にご説明しています。


参. 改縮【小梅・古城】

今まで『小梅』&『古城』は、

◆ JA紀南専作品種『パープルクィーン』

◆ 小梅品種【白王】のネット収穫&漬け込み
◆『古城』の手取り収穫

の育成内容で【約20a】を栽培していました。

 

2018年より、小梅の漬け込み対応を終了

将来的には、

収益性の高い『パープルクィーン』を残し、

小梅・古城栽培より撤退したい…と考えてます。

改縮【2018】では、

以下の内容で実践対応予定としています。

 

◆『パープルクィーン』園地の【密植樹間伐】

 ⇒ 山田:【26本 ⇒ 20本】へ縮小予定

◆『白王』の手取り収獲対応に伴い、間伐実施

 ⇒ 小谷前/梨あと:繁忙期の作業配分調整

   手取り収獲【5月下旬】を意識した樹形の形成

◆『古城』の栽培終了【伐採】


四. 改縮【紫宝梅™ミスなでしこ®】

紫宝梅™『ミスなでしこ®』については、

高接ぎ・改植による新植を進めた結果、

適正面積まで拡張していると考えてます。

 

◆ 系統別に経過観察している密植園地あり

◆ 系統により、着色度合いに差が生じ、

  品質にバラツキを発生させる可能性あり

◆ 南高梅に比べ【強剪定】対応しないと

  果実への日照状況で、着色度合いに影響する

 

以上の反省点を意識し、

【約60a】の植栽内容を見直す必要を感じています。

改縮【2018】では、

以下の内容で実践対応予定をしています。

 

◆ 粗悪系統【NP2/NP0】の縮小・伐採

  ⇒ 久平:高接ぎ樹の伐採/ 宮古井:NP0樹の間伐

◆ 日照条件の悪い園地の全植栽樹伐採 ⇒ 山田

◆ 密植園地【幼木⇒成木】化に伴う間伐

  ⇒ 宮古井&古畑:優良系統を活かし、粗悪系統を縮小

◆ 南高梅交配樹目的で植栽してる樹の間伐 ⇒ 久平

 

2018年産は、【色悪/極小】の果実を

【収獲放棄】する対応に至りました。

作業効率と収益性の両面を考慮して、

日照条件の良い【強剪定】を施し、

着果量/日照を考慮した樹形の形成に努めてます。


五. 改縮【南高梅】

『南高梅』については、

2018年産の豊作を受けて、

耕作面積縮小の早期化を実感しています。

 

改植作業が一段落し、

収益性や作業効率を考慮して、

園地縮小【廃園】を計画化し進めています。

 

◆ 手取り収穫園地の縮小/廃園

◆ 老木園地/収益性の低い園地の割り出しと

  目標収穫量【25~30t】へ面積調整

◆ 耕作面積の減少と、

  樹齢による自然増を考慮して

  収穫量を維持しながら、改縮を進めていく

改縮【2018】では、

以下の内容で実践対応予定をしています。

 

◆ 手取り収獲&低生産性園地の縮小・伐採

    ⇒ 西山

◆ ネット収穫作業の効率化を図る間伐

  ⇒ 苗代/岩田奧/埴田

◆ 園地条件【急斜面】で、収益性に欠ける園地の縮小

  ⇒ 城山台

◆ 老木期を迎える園地の縮小と転作による作業分配

  ⇒ 塔のハダ

◆ 手取り収獲対応も意識した樹形の形成

    ⇒ 宮古井

 

未だ【適正面積<栽培面積】の状況です。

耕作面積【約160a⇒約100a】の

『改縮』を目標としています。

思い切った【改植2018】以上に

今後2~3年は、【改縮】を継続実践し

目標達成させる所存です。




0 コメント