三栖のはるか’s。



三栖のはるか's べっぴんさん。七武柑  和×夢 nagomu farm

『はるか’s。』とは?




当園では、

園主がSelectした7種の晩柑を

『七武柑』と命名し、栽培に取り組んでいます。

その【エース格】が『はるか』になります。

 

当園の『はるか』は3月に収獲し、

3~4月にかけて販売しています。

まだ市場に出回る事が少ない品種

『はるか』に、 産地表示【三栖産】を加えて、

『三栖のはるか’s』と命名し、

イベント出店販売や袋詰め販売による

負荷価値販売に繋げる取り組みをしています。

三栖のはるか’s。【はるか】

『はるか』の歴史


『はるか』は、1980年【昭和55年】に、

福岡県の『日向夏』の果樹園にて

偶然発見された『日向夏』の自然交雑実生

からの育成品種です。

 

1996年【平成8年】に品種登録された

マダマダ新しい柑橘品種です。

果実特徴としては、

果頂部が環状【リング状】に凹んでいる事です

※リングの凹みが特徴ですが、

 凹まない果実も多々あります

 

日本国内では、

約1,250tの生産量【2009年】で

「愛媛県:45%」をトップに、

「長崎県」、「広島県」が主な産地です。

 

果実出荷時期は、2~3月頃

果実サイズは、200g前後

果皮は黄色く、果皮が固い果実なので、

一見酸っぱそうな外観ですが、

酸度が低く、『サッパリ甘い』女性受けの良い味わい

 

品種登録出願時の名称は、

 「円香」 で申請されれたようです。

 

出典 Wikipediaより 抜粋

着果写真
着果写真

果実の特徴


はるか【高接ぎ栽培】


当園の『はるか』は、

十数年前に【ポン柑】に対して高接ぎをして

栽培してます。

 

『はるか』の品種特性としては、

 壱. 果皮は固く、タネは多い目

 弐. 手で剥きにくい為、ナイフ等の利用が

    望ましい

 参. 香りが良く、『果実酒』利用にも最適

晩柑マトリクス【はるか】

『三栖のはるか’s。』の販売


『三栖のはるか’s。』の名で、

2015年より販売startしています

 

イベント出店での店頭販売や、

【袋売り】にて産直販売していただいてます。

 

『はるか’s。』の2017販売価格は、

◆大玉2個:¥170

◆小玉4個:¥250で、

『はるか』の『品種紹介POP』を同封して

 情報発信に努めています