『ミスなでしこⓇ』品種登録へ


品種登録出願公表【和夢なでしこ】   和×夢 nagomu farm

『ミスなでしこⓇGT』とは?


当園では、人工交配による

ミスなでしこⓇ誕生以降、

 

【果実着色】/【自家交配性】/

【果肉着色】/【収穫時期】 /

【果肉成分】etc. を意識して


多種多様な梅を【人工交配】させて、

更なる【優良新品種】の誕生を目指して、

日々研究に取り組み続けています。


そんな折り、

『ミスなでしこⓇ』  :【めしべ】

『鹿児島紅梅【花梅】』:【花粉】


により、新たな梅が誕生しました。

ミスなでしこⓇ[Y]ume家系図 和×夢 nagomu farm

『ミスなでしこⓇGT』の特徴


梅の【人工交配】を実施すると、

【めしべ】側の品種特性をベースに、

【花粉】側の品種特性を引き継いだ

【新品種】が誕生する事があります。

 

今回誕生した【新品種】の特性としては、

 

 壱.花梅の花特性を引き継ぎ

   ・花びらが多数ある【多弁花】

   ・薄ピンク色【撫子色】の花びら

 ※ 一般的に当地方で収穫してる梅は、

    花びらが5枚【単弁】の白色の花

 

 弐.【雌しべ】が複数存在してる為

   ・花粉交配に応じて、

    【双子果】/【三つ子果】着果する

   ・果実は、『ミスなでしこⓇ』同様、

    梅紫色の果皮

   ・一般的な花梅の着果果実は、

    着果後に全て生理落果するが

    当品種の果実は収穫可能

 

今までの常識を覆す

新たな特性を持った梅が、誕生しました。

薄ピンク【撫子】色の多弁花

双子や三つ子着果の紫色の果実


【GT】の命名&品種登録へ


『ミスなでしこⓇ』の特徴を継承しつつ、

花梅の特徴を兼ね備えた【新たな梅】は、


【青果出荷販売】の観点だけでなく、

 ・【開花時期の観梅】

 ・【着果特性を確認しながら収穫体験】

 ・【一般家庭へ苗木販売】etc.

様々な可能性を秘めてると考えています。


梅の特異性を確認できた事により、

和歌山県の農政課のご協力を得ながら、

平成27年【2015年】より、

品種登録申請手続きをスタートしてます。


品種登録申請に向け、

品種名を

『ミスなでしこⓇGT』と命名しました。

当初よりある

『ミスなでしこⓇ』の意味合いに加えて、

【GT】の部分には、

2つの意味合いを込めています。


 壱.優れた/卓越した

  『ミスなでしこⓇ』系統から、

   ⇒ GreaT ⇒【GT】

  

 弐.複数着果した果実の様子を、

  【ガールズトーク】と表現

   ⇒ Garls Talk ⇒【GT】

 

『品種登録』には、

数年の申請手続きが必要であるので、

登録承認される日を、心待ちしています。


ミスなでしこⓇGT 品種登録 掲載記事

上の記事写真をクリックすると、
説明ページにジャンプします


品種登録出願【2016.03.18】


2015年【春】

品種登録出願に向け、準備がスタートしました。

 

・西牟婁振興局地域振興部農業振興課

・和歌山県果樹試験場うめ研究所

 の行政機関のサポートにより、

『ミスなでしこⓇGT』の品種特性を実証・データ化する為、

1年がかりで、果実特性の証明資料が完成しました。

 

今回の【品種登録出願】にあわせ、

『ミスなでしこⓇGT』の育成権を、

先代より継承して、息子である自分が譲渡を受け、

【品種登録出願】する運びとなってます。

 

【品種登録】の出願資料は、スキル向上のため、

自分本人で作成するように努めました。

品種特性の証明データを折り込んで、資料作成を完成させ

関係機関を交えての最終確認を実施して、

3月18日に【品種登録出願】に至っています。

※上の【品種登録願】の写真をクリックすると、ブログ記事にジャンプします。

育成権の譲渡
育成権の譲渡

品種登録出願【目録】
品種登録出願【目録】

品種登録出願公表【2016.12.05】


2015年【冬】

9ヶ月の月日を要して、品種登録出願が公表されました。

 

当初登録出願時申請した『ミスなでしこⓇGT』の名は、

『紫宝梅』⇒『和夢なでしこ』と2回の名称変更の末

出願公表に至っています。

 

出願公表に伴い、

農林水産省のデータベース上に、

『和夢なでしこ』が登録されています。

今後、現地調査等の確認作業が行われて、

【品種登録】する運びとなります。

※上のアイコンをタッチすると、

 登録出願公表に関するブログにジャンプします


【品種登録】にあわせ


2016年3月に【品種登録出願】をしても、

品種登録承認には、時間を要します。

 

品種登録承認までに様々な準備を進めてます。

・【原木】の明確化&植栽展示

・『ミスなでしこⓇGT』植栽園地の用意

・今後を見据えた苗木の育成

 

品種登録承認により、

当園で生まれた紫宝梅『ミスなでしこⓇ』は、

大きな称号を獲得すると考えています。

今後、青果物流通を進める上でも、【大きなプラス】に

なるとも感じています。

 

品種登録承認まで、2~3年。

 ・その期間で進められる準備

 ・登録承認後の、活用・展開方法etc.

 

ただ、【品種登録】が承認されてるだけ…

という結果にならない為、やるべき事は山積みです。 

ミスなでしこⓇGT【原木】
【原木】植栽展示
『ミスなでしこⓇGT』植栽園地用意
専門園地用意
自園地にて苗木育成
苗木育成中