喰うポン。【ポン柑】



喰うポン。【ポン柑】 和×夢 nagomu farm

『喰うポン。』とは?


当園では、

園主がSelectした7種の晩柑を

『七武柑』と命名し、栽培に取り組んでいます。

その1品種が『ポン柑』になります。

 

当園の『ポン柑』は、

1月下旬~2月中旬頃の適期に収獲しています。

外皮や内皮が薄く食べやすい事から、

『喰いたくなるポン柑』の意味合いを込めて

『喰うポン。』と命名し、

袋詰め販売による負荷価値販売に

繋げる取り組みをしています。

喰うポン。【ポン柑】


『ポン柑』の歴史


『ポン柑』は、インドが原産地の柑橘です。

日本へは、中国から台湾を経て、

明治時代に鹿児島県に伝来したと言われています。

 

栽培地は、

「東南アジア諸国」/「中国南部」/「台湾南部」/

「日本」で広く栽培されています。

日本国内では、約2.8万tの生産量【2010年】で

「愛媛県:34%」をトップに、

「鹿児島県」、「高知県」、「宮崎県」、「熊本県」

が主な産地です。

 

『ポン柑』命名の由来は、

 「ポン」:インド西部の「Poona」

 「カン」:柑橘の「柑」

 から付けられたと言われてます。

 

漢字表記にすると、

 「椪柑」 or 「凸柑」 と書きます。

 

出典 Wikipediaより 抜粋


果実の特徴


高床系ポン柑


『ポン柑』は、

一般的に、果実の形から大きく2分類されます

 壱. 高床系:腰高で球形に近い果実

 弐. 低床系:扁球形の果実

 

当園の『ポン柑』は、

品種特定こそできませんが、【高床系】になります。

 

『ポン柑』の品種特性としては、

 壱. 甘味が強く、コクのある味わい

 弐. 濃厚な甘い香りを放つ

 参. 外皮&内皮が柔らかく食べやすい

 四. 種があるので、食べる際には注意が必要 

晩柑マトリクス【ポン柑】

『喰うポン。』袋売り


キズ☑モン。【袋売り】
パッケージ

『喰うポン。』の名では、

2016年より販売startします

 

【袋売り】販売自体は、

 2015年より、

 2月【如月】収獲したポン柑を

『ツーポン』の名前で販売してます

 

『喰うポン。』は、

【4個:¥190】で販売してます

『ポン柑』の【うんちく】を同封し

 情報発信にも努めています