ま行【詞集】



ま行【地紋:市松】 襲和詞アイコン

市松【紋様】とは?


◆2色の正方形を交互に配した模様、格子模様の1種

◆古墳時代の埴輪や、奈良時代の建造物にも存在する

 江戸時代まで、石畳や、霰【あられ】と称されていた 

◆江戸時代の歌舞伎役者『佐野川市松』が着用した柄として、

 庶民の間で流行し広まったため、後に

 『市松模様』/『市松格子』と呼ばれるようになった

ま行【詞集】