『紫宝梅【通り名】』


『ミスなでしこ®』通り名【紫宝梅:SHIHOU [Y] UME】アイコン 和×夢 nagomu farm

壱.『ミスなでしこ®』の【通り名】

当園で誕生した紫色の梅には、

『ミスなでしこⓇ』と名付け『商標登録』を

取得しています。

また、『ミスなでしこⓇ』の名は、

イイ名前だと、各種方面から言っていただきます。

 

しかし、

『ミスなでしこⓇ』=【梅】とは、

ストレートにイメージされにくいのが実情です。

 

そんな経緯から2016年産より、

『ミスなでしこⓇ』の【通り名】

『紫宝梅:SHIHOU [Y] UME』と命名し、

【梅】を意識いただけるように活用しています。

 

通り名とは?【出典:デジタル大辞泉

 壱. 世間一般に通用してる名:通称

 弐. 一家の主人が先祖から代々受け継ぎ用いる

 参. 遊女屋で、その家の遊女に代々名乗らせる名

 四. 大人気漫画『ONE PIECE』でも、

    各キャラクターに【通り名】が付けられてる

・当園で【2005年】に人工交配の末、誕生

・果皮が紫色なのが特徴

・『ミスなでしこ®』の名前で【商標登録】取得


弐. 【通り名】命名時の要素


【通り名】を考える上で

『ミスなでしこⓇ』の【特徴】&【表現したい要素】

を抜き出しました

 ◆【梅】である

 ◆果皮が綺麗な【梅紫】である特徴

 ◆生産者【栽培農家】が少なく、未だ生産量が稀少

 ◆文字数が少なく、言葉の響きが良い名前

 ◆2005年【酉年】に誕生

 ◆田辺市三栖地区で誕生

 

以上の要素を考慮して、

『紫宝梅:しほううめ』という言葉に辿り着き、

 ロゴ作成に至りました。

『紫宝梅』の【名】&【ロゴデザイン】に

込めた想いを、以下に説明します。 

紫宝梅ロゴ ミスなでしこⓇ通り名

参. 【紫】のイメージ&歴史背景

『ミスなでしこⓇ』を表現する上で、
【紫】は欠かせない要素であると考えています。

 

【紫】は、【し】/【むらさき】/【ゆかり】

 と読まれます。

【紫】の色イメージには、『高貴』が上げられます。

以下の歴史背景に裏付けられてるようです。

 ◆その昔、紫色の染料は【紫草】しかなく、

  工程が非常に手間取り、色を出すのが難しかった

  そんな影響から、

  『冠位十二階』では【紫色】が最上位

  一部の高貴な階級しか着用できない色であった

 



『ミスなでしこ®』は、果皮が紫色の梅から、

当園HPetc.の随所にメインイメージカラーとして、

和色『梅紫【うめむらさき】』を選色しています。

選色した理由は、以下のとおりです。

 ◆『ミスなでしこⓇ』の果皮の紫色を表現する事

 ◆名前に【梅】が入ってる事

 ◆当園が和イメージで構成している事

 

 

『梅紫【うめむらさき】』という色は、

 ◆鈍い赤紫色のこと

 ◆紅藤をさらに紅色がからせた色合い

 ◆梅紫の【梅】は、紅梅の紅色を指す

 ◆江戸時代の染色書にない色

 ◆江戸末期から明治時代の間で派生した新しい和色

とあります

 


和×夢 nagomu farm メインイメージカラー

和色:『梅紫【うめむらさき】』

四. 【紫宝】に込める2つの想い

【通り名】である『紫宝梅』の命名は、

『果皮が紫色で【稀少】な梅』という

単純な理由だけて命名に至っていません。

『紫宝』には、大きく2つの【しほう】の意味合い

を込めて命名しています。


至宝【しほう】

丸に矢尻付き違い矢 【家紋】壱.『和×夢 nagomu』とは?

『至宝:この上なく大事な宝』とあります

当園で誕生した梅『ミスなでしこⓇ』は、

当園にとって、正しく【至宝】です

 

現在、厳しい状況下にある梅業界において、

『至宝』と呼ばれるモノに育て上げたい…

と考えています


紫鳳【しほう】 

丸に矢尻付き違い矢 【家紋】壱.『和×夢 nagomu』とは?

自生ランの1種『ウチョウラン』に

『紫鳳』という品種が存在します

 

【鳳】とは、

中国の空想上の瑞獣の1つ『鳳凰』を表します

『ミスなでしこ®』が、

2005年【酉年】に誕生した事から、

『酉年の梅』を表現する意味合いも含んでます


五. 【紫宝梅】ロゴ:『有職鳳凰紋』

紫宝梅『ミスなでしこ®』は、

2005年【酉年】に誕生した梅から、

【酉年の梅】をいう異名で表現されます。

そんな意味合いから、商品ロゴには、

家紋:【有職鳳凰紋】を適用しています。

 

【有識:ゆうしき】とは、

平安時代の宮中儀式や行事に係わる

研究者や学者の事を【有識者】と呼び、

着用した衣類の文様を【有識文様】と呼ばれてます

中国から伝来して日本に定着した模様で、

格調高い文様として用いられています。

その1つに『鳳凰紋』も含まれます。

そんな文様から独立し家紋となったのが、

『有職鳳凰紋』になります

 

紫宝梅『ミスなでしこ®』商品ラベル 和×夢 nagomu farm

【鳳凰:ほうおう】とは、

◆中国の空想上の瑞獣4種の中の1つ

◆羽毛類系360種の動物の【長】に位置付けられる

◆中国では、皇后の象徴として利用

 ※皇帝の象徴は【龍】を利用
◆徳の高い王者による平安な治世か、

 優れた知性を持つ人が生まれると

 姿を現す五色の霊鳥とされる

◆装飾やシンボル、物語・説話・説教などで

 縁起の良い鳥として東アジア全域で登場する

◆五行説では、南と火を司る『朱雀』として表現

◆東洋の【フェニックス:不死鳥】とも呼ばれる

 

 

紫宝梅『ミスなでしこ®』では、

2016年産より、ロゴマークとして【鳳凰紋】を利用

 

◆稀少で、格調高いイメージを表現したい

◆2005年【酉年】誕生の梅を定着したい

◆縁起の良いモノ【梅】を表現したい

◆全盛期に比べ、落ち込んだ【梅】業界を

 復活させる存在に位置付けたい

 

そんな想いを込めて、【鳳凰紋】を適用し、

出荷段ボール/商品ラベルetc. に利用して

紫宝梅『ミスなでしこⓇ』の発信に活用しています