サン・フル。【甘夏】



三栖のはるか’s。【はるか】

『サン・フル。』とは?


当園では、

園主がSelectした7種の晩柑を

『七武柑』と命名し、栽培に取り組んでいます。

当園【シーズン最終品種】が『サンフルーツ』になります。

 

当園の『サンフルーツ』は、

4~5月に樹上完熟させて収獲し、販売しています。

樹上着果してる果実の模様を『光月』に見立てて、

『甘な月:【甘夏】』と通り名をつけました。

2016年より『サン・フル。』と命名し、

イベント出店販売や袋詰め販売による

負荷価値販売に繋げる取り組みをしています。

七武柑
七武柑


上の2つの写真をそれぞれクリックすると、
該当するfacebook投稿記事にジャンプします



『サンフルーツ』の歴史


『甘夏』とは、

『川野夏橙:【カワノナツダイダイ】』の事で、

江戸時代よりある夏ミカンより発生した【変異種】です。

甘味系夏ミカンと呼ばれてます。

 

『サンフルーツ』は、

熊本県の甘夏園地にて、

『甘夏』の枝変わりで誕生した品種です。

『新甘夏』or『田の浦オレンジ』とも呼ばれます。
名の由来は、

『太陽』のSUNと、『燦々(さんさん)と降り注ぐ太陽』

 から付けられています。


『甘夏ミカン』と比べ、

・果皮が滑らか

・果肉の味は、甘夏ミカンと同等の酸味で、

 糖度は甘夏より高い傾向

 

夏ミカン特有の【苦味】もあります。

その組み合わせが、

サッパリとした爽やかな味覚に感じます。

 

日本国内では、

「熊本県」、「愛媛県」、「和歌山県」が主な産地です。

 

果実出荷時期は、3月下旬~5月下旬頃 

着果写真
着果写真
サンフルーツ【収穫果実】
収獲果実

サンフルーツ【定植栽培】


当園の『サンフルーツ』は、

旬柑園の片隅に、数十年前より定植して栽培しています。

 

『サンフルーツ』の品種特性としては、

 壱. 果皮は固く、タネは多い目

 弐. 手で剥きにくい為、ナイフ等の利用が望ましい

 参. 酸味がやや強めな、『サッパリ』感

    かすかな『苦味』も感じる【大人の味覚】



晩柑マトリクス【サンフルーツ】

『サン・フル。』の販売


『皐月採り サンフルーツ。』の名で、

2015年より販売startしています

 

イベント出店での店頭販売や、

【袋売り】にて店頭販売しています。

 

2016年、

商品名を『サン・フル。』と改名しました。

販売価格【2個:¥150】で、

『サンフルーツ』の『品種紹介POP』を同封し

情報発信に努めています。