『ミスなでしこⓇ』とは?


紫宝梅『ミスなでしこⓇ』 プレミア和歌山 2017認定 和×夢 nagomu farm

弐.『ミスなでしこⓇ』とは?【アイコン】 和×夢 nagomu farm

『ミスなでしこⓇ』命名の由来


『ミスなでしこⓇ』とは、当園で

平成15年【2005に、人工交配により誕生した梅です。

果皮が梅紫色になる大梅は、2010年に商標登録しています。

『ミスなでしこⓇ』と命名した由来は以下の通りです。

 

 壱.果実の色合いから

   『親しみの持てる女性的な名前にしたい』

 弐.三栖【みす】地区で誕生した事を表現したい

   ⇒ 『ミス』

 参.日本がイメージしやすい『大和撫子』から

   ⇒ 『なでしこ』

 大和撫子:日本女性を、可憐で繊細だが心は強いナデシコの花見立てて言う美称



『なでしこ』レポート


※上の画像をタッチすると、

 それぞれの『ミスなでしこⓇ』レポートブログにジャンプします

果実の特徴


和歌山県が誇る南高梅は、

 自家交配:ナシ

自分の花粉で着果しにくい品種です。

 

農家の間では、

安定した生産量となる【自家交配:アリ】

の魅力的な新品種の誕生が望まれてます。

そんな折り、

 めしべ:『南高梅

 花粉 :『パープルクィーン類似種

 の人工交配により、

当園で新しい梅が誕生しました。

紫宝梅『ミスなでしこⓇ』誕生情報 【y】ume家系図として、人工交配【めしべ/花粉】情報etc.説明  和×夢 nagomu farm

通り名『紫宝梅』とは?


紫宝梅 『ミスなでしこⓇ通り名』
ミスなでしこⓇ【通り名】

『ミスなでしこⓇ』は、

なかなか【梅】とイメージされにくい名前です。

 

『ミスなでしこⓇ』=【梅】のイメージ定着の為、

『紫宝梅:しほううめ』という【通り名】を命名し、

2016年より、さらなる認知度UPに努めてます。

 

以下の要素を考慮し、『紫宝梅』へと辿り着く

 ・【梅】である事を表現

 ・果皮が【梅紫】である特徴

 ・生産者【栽培農家】が少なく、未だ生産量が稀少

 ・文字数が少なく、言葉の響きが良い

 ・2005年【酉年】に誕生

 

『紫宝』の名には、様々な想いを含めてます。


※『紫宝梅:しほううめ』にまつわる詳細内容は、

 上記ロゴをクリックすると、対象ページにジャンプします