八重黒龍:藤【四樹彩】



八重黒龍【四樹彩】 @Base N 和×夢 nagomu farm


八重黒龍【藤】とは?


八重黒龍【藤】は、

別名【牡丹藤】と呼ばれる八重の花を咲かせる

 

花色は【濃黒紫色】

花は、コロコロとしたブドウのような塊の【玉咲き】

花房の長さは、20~30cm程度です。

現存する藤品種の中で、唯一の八重咲き種

おしべ10本の大部分が花弁化し、美しく咲きます。

耐寒性が強く、マイナス25度まで耐えるようです。

気品ある香りを放ち、1本で充分存在感を感じさせます。

 

 花言葉:「決して離れない」/「歓迎」

     「優しさ」【藤全般】

 

 開花時期は、4月下旬~5月上旬頃

菊桃【踊り子】 @Base N 和×夢 nagomu farm

2016年5月撮影

@有田巨峰村 吉田農園

当園『Base N』に植栽してる『八重黒龍:藤』は

未だ着花を確認できていません…。


藤の雑学


マメ科フジ属に属するツル系の植物で、

ツルが右巻きの【フジ】と、左巻き【ヤマフジ】に分かれる

 

藤は、【万葉集】以前より、日本人に親しまれており、

万葉集】では26首に詠われています。
【源氏物語】/【枕草子】/【平家物語】にも現れてます。 

その昔、藤のツルから繊維をとり出して布を織り、

衣服に利用していたとの記載もあります。

現在では、【籠細工】に利用されたりしています。

 

現在の『藤棚』は、江戸時代より作られ始めたようです。

 

日本の名字にも、【藤】は多く利用されており、

藤を使った【家紋】も数多く存在しています。 


有田巨峰村 吉田農園 藤園


 

和歌山県には、藤で有名な2つの名所が存在します。

 ◆日高川町の『美山の里 藤棚ロード

 ◆有田川町の『有田巨峰村 吉田農園』の藤園

 

両方の【藤の名所】にうかがった結果、

個人的には、吉田農園さんの藤園が好みです。

全長200mに及ぶ平坦斜面に、

樹齢15~20年の多数の藤が植栽されており、

満開に咲く風景は壮観です。

http://www.h2.dion.ne.jp/~nyoshida/fuji/fuji_f.htm

左の画像をクリックすると、

該当するfacebook投稿にジャンプします。


農家が藤栽培をし、藤園として【観光発信】を実践する

当園が目指すスタイルを先行してる『有田巨峰村 吉田農園』さん

現実的に確認できる【将来イメージ】として

当園『Base N』の【八重黒龍】も、藤棚の景観提供を目指したい…

と考えています