大寒 『ミスなでしこⓇ』大看板設置【2018】

ミスなでしこⓇ大看板設置【2018】 和×夢 nagomu farm

2016年の本格構想より、足かけ3年。

三栖地区で誕生した事も命名理由となっている

『ミスなでしこⓇ』を広く情報発信する手段として、

地元三栖地区住民や、熊野古道に訪れる際に

利用する三栖地区幹線道路沿いへ、『大看板』を

設置したい…という想いが叶いました。

 

田辺市の『小規模事業者持続化補助金』に採択され、

2018年12月に完成するまでの経緯を以下にご紹介します。


壱. 『大看板設置』のキッカケ

2016年【秋】、看板支柱のみの状況となり、

看板の『リニューアル or 取り除き』の行方が

不明だったため、利権者や関係者に確認

十数年前に、

三栖地区の生産者組織を中心に

『紀南の梅PR』目的で、田辺市各所に設けられた

20以上もあった看板

 

10年の看板設置期間が終了し、

各地区では、看板及び支柱の撤去が進められてますが、

三栖地区の幹線道路沿いのモノは、

【経年劣化】した看板のままで、放置されていました

 

2016年の秋

ついに、看板が取り外されて、

劣化した支柱だけが取り残されている状況でした

 

看板の権利が、土地利権者にあることを確認し、

看板設置の意思&支柱撤去取り止めを懇願したところ

看板設置まで支柱を維持いただける事を、

了承していただくことになりました



弐. 『看板設置』に向けた奔走【2017】

地元協力を得られない状況で、

負担の大きな投資金額を、いかに捻出するか…

結論の出ないまま月日は流れました

幹線道路沿いに看板設置する場合、

 ◆ 支柱の経年劣化の補修

 ◆ 看板【左右2面】の設置

に際して、おおよそ80~90万円程度の

設置費用が発生する旨を確認しました

 

地域産品を発信する事業として、

地元組織に『中山間地域所得向上支援事業』を

活用した助成支援協力をお願いしたところ、

『協力できないので、個人で頑張って欲しい』

との回答を受けました

 

『クラウドファンディング』を活用して、

広く支援いただく事も視野に入れましたが、

支援者に対して、何をリターンできるか…

その結論から、ファンド利用に至らず

構想はあれぞ、事業実施できない期間を

長く過ごしました



参. 『小規模事業者持続化補助金』へ申請

小規模事業者持続化補助金【申請】和×夢 nagomu farm

商工会議所管轄地域で事業を営んでいる

小規模事業者を対象とした

経営計画に基づいて実施する【販路開拓】etc.の

取り組みに対し、原則50万円を上限に

補助金【補助率 2/3】が出る補助金事業が

『小規模事業者持続化補助金』となります。

 

『ミスなでしこⓇ』誕生の地【三栖】へ大看板設置

という名目で、補助金申請を実施しました

 

残念ながら、日本商工会議所への

当事業申請は【不採用】となりました…

しかしながら、

田辺市小規模事業者持続化補助金

に採用され、看板設置に向けて事業スタートしました



四. 看板デザイン

紫宝梅™『ミスなでしこⓇ』大看板デザイン 和×夢 nagomu farm

看板デザインは、

2010年より、当園がPR活動してきた【集大成】

と位置付けて、様々な要素を盛り込んで

自主製作しています

 ◆ 紫宝梅™『ミスなでしこⓇ』の魅力が一番伝わる

   果実写真

 ◆ 紫宝梅ロゴ/キャラクター/プレミア和歌山

   を通じて、老若男女に魅力発信する要素を盛り込む

 ◆ W世界遺産有する『田辺市』を【梅】を通じて

   盛り上げる事を、市内有数の生産地『三栖』より発信

 

以上の3つの大きな想いを込めています。

製作にあたり、

 ◆ 世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』

 ◆ 世界農業遺産『みなべ・田辺の梅システム』

公式ロゴの【利用許可】をいただいてます


紫宝梅™『ミスなでしこⓇ』大看板デザイン指示書 和×夢 nagomu farm

五. 大看板設置までの流れ

看板設置事業のスタート【2018.9】より、

看板設置完了【2018.12】に至るまでに綴っている『旬感句』を以下にご紹介します

※下の画像にタッチすると、該当のInstagram投稿にジャンプします


『ミスなでしこⓇ』看板デザイン&設置箇所【MAP】 和×夢 nagomu farm

六. プレスリリース

紫宝梅™『ミスなでしこⓇ』の大看板設置 事業は、

設置後、マスコミ掲載による【情報発信】迄を、一括りと考えていました。

『プレスリリース』を受け、

地元新聞社『紀伊民報』さまに記事掲載いただけた事を

非常に光栄に思っています。

紫宝梅™『ミスなでしこⓇ』大看板設置 プレスリリース 和×夢 nagomu farm

今回の大看板設置事業は、

地元の【協力・援助】を得られない状況下で、

田辺市『小規模事業者持続化補助金』に採択された事が、

【当園単独事業】として施行する上で、

非常に心強く感じました。

 

看板設置以降については、

『ミスなでしこⓇ』生産・販売に携わってる方々の

【ご協力・支援】を得て、看板維持に努めたい…

と考えています。

紀伊民報記事掲載【2019.1.24】ミスなでしこ 大看板でPR