冬至 紫芋栽培【2017report】


紫芋『パープルスイートロード』栽培 【2017 report】 和×夢 nagomu farm

梅を主軸とした複合経営確立する為の作目として、

2016年に着手した『さつまいも』栽培

複数種試した中で、個人として面白味を感じた

紫芋『パープルスイートロード』を

2017年に本格栽培しています。

 

生産目標量【300kg】で栽培着手し、

育成・収穫・販売を通じて感じた

【感想・課題・今後の目標】をレポートします。


壱.  『パープルスイートロード』 とは?

『パープルスィートロード』は、

独立行政法人農業技術研究機構作物研究所で育成後、

2004年に登録された品種です。

 

果実特徴としては、

◆形状 :錘紡形【大小サイズ共によく揃う】

◆大きさ:やや大きめ

◆外観 :皮色【綺麗な濃赤紫】

◆果肉 :アントシアニン色素を含む【紫色】

◆収量 :ベニアズマ比【125~175%】と多収

◆蒸し芋時:赤み強い紫色/肉質は【やや粉質】

◆食味 :さつまいも全般としては【並】だが、

     紫芋の中では、充分な【良食味】

※ 上の画像をタッチすると、『べっぴんさん。』ページへ


弐. 2017【本格栽培】の経緯

当園では、『梅を主軸とした複合経営』確立のため、

梅栽培と競合しない色々な作目を模索しています。

 

2016年は、

7月【植え付け】~10月【収獲】の栽培体制で

『さつまいも』栽培に取り組みました。

 

イベント出店販売/地元商談会出展を通じて、

販売商品&商材として、可能性を確認しました。

◆出店販売商品 ⇒ 評価【まずまず】

◆商談商材 ⇒ 高評価『パープルスイートロード』

 【無農薬】/【稀少な地場農産物】である点

◆商談した結果⇒ 2017年の【相対取引】を確立

 

以上の結果、2017年より

本格的な『パープルスイートロード』栽培

に至っています。



参. 栽培レポート【2017】

2016年栽培の

7月【苗植え】⇒10月【収穫】だった際の課題

◆夏場の水やり作業軽減

◆梅収穫作業との競合回避

を考慮して、

GW後より、80本のイモ苗を元に

根づき伸張した芽を切って【苗植え】する、

【苗増殖】を図りながら、約250本植栽しました。

 

2016商談会で取引成立してる、

【相対取引数:200kg程度】を意識して、

目標生産量【300kg】で栽培計画・育成しました。

 

5月上旬【初期植え】/5月下旬【2次植え】/

7月上旬【最終植え】の3回植栽で

合計250苗にして、栽培しています。

 

植栽時期を考慮して、2回に分けて収穫しました

◆9月上旬収穫:『弁慶まつり』出店販売を意識

◆11月上旬収穫:未収穫のモノを、寒くなる前に収穫 

2017旬感句投稿【9句】

タッチすると、対象の旬感句へジャンプします


四. 各種データ分析

相対販売をするにあたり、

重量別に【独自に階級】を設けました。

全体のサイズ分布表としては、

各階級がほぼ一律の比率となっています。

 

植栽時期別にサイズ分布を見ると、

初期植栽したモノの方が、肥大率が高い傾向です。

その理由として、

隣接する畝植栽で栽培した為に、

後から植栽した苗は、先人苗に場を占有されて

充分に芽を伸張できなかったからだと感じています。

 

相対取引的には需要が少なく

売価の低い階級があるので、

収穫サイズも意識した栽培が望ましい…

と考えてます。

紫芋【2017】 サイズ分布表  和×夢 nagomu farm


2016年に相対販売を確立した【取引先】との

取引開始時期が遅れてしまった事もあり、

取引予想量を大きく下回る【実績量】となってます。

 

本年より、加工原料として利用いただく取引先との

取引を確立した為、行き場のなかったモノの

出荷先として販売に至っています。

 

取引時期が遅れた事で、

12月迄貯蔵することになり、

寒気の影響から出荷対象外の【破棄する芋】を

大量発生させてしまってます。

 

11月収穫&3週間程度の予措を考慮すると、

寒気影響の【破棄芋】を作りかねないので、

10月収穫&11月販売を実現する

栽培体系の確立を図る必要がありそうです。

紫芋【2017】 出荷配分表  和×夢 nagomu farm


◆飲食店:取引階級が一律価格

◆加工原料:階級別の取引価格

の兼ね合いから、

【飲食店取引】の方が、高値取引となっています。

 

【飲食店】には【取引数量枠】が存在するので、

生産量アップを図った際には、

【加工原料】として取引いただく必要があります。

 

【加工原料】の取引先より、

本年取引数量以上に取引していただける

返答をいただてます。

取引階級には、【最適階級】が存在するため、

生産階級も意識した育成に努められたら…

と考えてます。

紫芋【2017】 販売配分表  和×夢 nagomu farm

五. 課題・今後の目標

2017年の

紫芋本格栽培【生産量:約300kg】を通じて、

感じた、感想・課題を以下に記します。

 

◆ 必要経費に対して、収益性が高い作目

◆ いも苗の【根づき】以外は、自然放置できる手軽さ

◆ 収獲・洗浄作業の【効率アップ】が課題

◆ 12月以降の【破棄芋】発生を考慮して、

  予措方法の改善/販売時期の調整が必要

◆ 収益を上げるには、最低限の果実肥大が必要

  密植畝の【後植え苗】の課題解決が必要

◆ 梅との複合経営を考慮すると、

  最大生産量枠【500kg以下】程度と想定

◆ 生産量を完全販売できる【取引先】の確立

 

以上の点を考慮して、

2018年以降も、紫芋栽培に努める所存です。

取引【飲食店】 冬季限定でメニュー提供