小暑 なでしこレポート2017【生育の巻】


なでしこ report 2017 【生育の巻】 和×夢 nagomu farm  紫宝梅『ミスなでしこⓇ』

『プレミア和歌山』認定初年度は、

『酉年の梅』と謳ってPR活動に努めました。

そんな紫宝梅『ミスなでしこⓇ』の

2017シーズンも無事終了しました。

 

収獲/出荷販売作業が一段落し、

『ミスなでしこⓇ』に関する【レポート】

『なでしこレポート【2017】』を通じて

情報発信したい…と考えています。

【生育の巻】/【販売の巻】の2巻構成でブログに綴ります。

 

今巻では、紫宝梅『ミスなでしこⓇ』の生育情報

【階級分布】/【収穫配分】/【園地別予想実績】etc.について綴ってます。

壱. 2017 生育状況/生産予想

2017『ミスなでしこ®』園地別生産予想量

紫宝梅『ミスなでしこ®』の

生育状況は、他の梅同様【昨年比:1週間程度遅れ】で

開花後より収獲期まで移行していきました。

 

2017年産収獲始めを、6/4【日】と設定し、

園地別に収獲予想量を積み上げ、

『ミスなでしこ®』2017予想量を見積もりつつ

収獲スケジュールを組み立てて作業に挑んでいます。

 

2017年産の生産量は、【自然増】の状況から

【前年比:131%】と予想しています。

 

2017年より、4月末~収獲開始までの期間

定期的に果実サイズを測定し、データ蓄積を進めてます。

◆初回 :4/30【日】

◆2回目:5/08【月】

◆3回目:5/15【月】

◆4回目:5/23【火】

◆5回目:5/30【火】


ミスなでしこⓇ果実肥大イメージ【2016】

弐. 収穫実績報告

ミスなでしこⓇ2017 園地別作柄情報 和×夢 nagomu farm

当園の『ミスなでしこⓇ』は、8園地【約60a】あり、

【新植:212本】/【高接ぎ:38本】の植栽構成で栽培しています。

 

【高接ぎ】は、粗悪系統の【間伐・伐採】を進めているので、

実施している園地は、昨年比【減収】している状況です。

新植樹の【自然増】/液肥混用による果実肥大効果の影響から、

2017年生産量は、【昨年比:132%】となりました。

 

今回は【予想量と実績量】が、ほぼズレのない結果となりました。

※予想量に対する実績量【102%】

ただ、果実熟度的に早熟収穫している園地もあり、

適期収穫スケジュールの調整が【本年の課題】と感じています。

紫宝梅『ミスなでしこⓇ』園地別収穫グラフ【2017】 和×夢 nagomu farm

参. 階級分布グラフ

紫宝梅『ミスなでしこⓇ』2017階級分布グラフ 和×夢 nagomu farm

紫宝梅『ミスなでしこⓇ』の階級分布グラフになります。

本年産は、5月の高温少雨の気象条件から、

例年以上に【小玉傾向】な『玉流れ』となっています。

 

2017年産の特徴としては、【2Sサイズ】が多い事が挙げられます。

今まで『加工利用』していた【2Sサイズ】は、

別口『青果出荷』として取引していただき、販売額アップに努めてます。

また、昨年以上に、【キズ果】を主とする『家庭用』の販売量も高めて、

重ねて販売に努めているのがグラフとして現れています。