大寒 W世界遺産の田辺市PR【since 2017】


W世界遺産の田辺市PR グッズ制作 和×夢 nagomu farm

和歌山県田辺市は、

◆世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』

◆世界農業遺産『みなべ・田辺の梅システム』

の2つの【世界遺産】認定を受けた【市町村】になります。

 

田辺市で梅主軸に農業を営む農家として、

何か【梅】PRをする手段はないか…と思案した結果、

【W世界遺産】登録を軸に、梅に絡めてPRする事が適切なのではないか…

と言う結論に至りました!

 

2月上旬に大きな商談会&イベント出店を控えている状況で、

2月よりどうしてもPR活動をスタートさせたい…と思い各種申請を進めました。

 

今回制作完成までの経緯や、PR方法/デザインetc.についてご紹介します。

壱. 『紀伊山地の霊場と参詣道』とは?

紀伊山地の霊場と参詣道 紹介pop 和×夢 nagomu farm

『紀伊山地の霊場と参詣道』とは、

三重県/奈良県/和歌山県の3県にまたがる

【山岳霊場】&【参詣道】および周囲を取り巻く【文化的景観】

を登録対象とする世界遺産です。

 

◆3つの霊場:【吉野・大峰/熊野三山/高野山】

◆3つの参詣道:【熊野参詣道/大峰奥駈道/高野山石道】

2004年に登録され、2016年に一部追加登録されてます。

 

当園のある三栖地区や、縁ある上野地区は、

2016年の追加登録【長尾坂/汐見峠越ルート】にて

通過する参詣道であるため、今後に期待を持っています。

 

出展:Wikipedia【紀伊山地の霊場と参詣道


弐. 『みなべ・田辺の梅システム』とは?

みなべ・田辺の梅システム 紹介pop 和×夢 nagomu farm

※上画像をクリックすると、

 世界農業遺産関連の当園ブログにジャンプします

『みなべ・田辺の梅システム』とは、

当地方は、

礫質で急傾斜が多い地形で、農業を営む上で悪条件ながらも、

400年にわたり自然と共生しながら梅栽培を営んでいます。

 

◆梅/ミツバチ/ウバメガシ【紀州備長炭】との関係性

◆梅園の持続&規模拡大による美しい景観の形成

◆梅を軸に【生産・加工・流通・観光】etc.の分野連携により

 一大梅産業を成立し、産業を確立している

 

そんな実績から、持続可能な農業の実践地域として、

世界農業遺産に2015年に登録されています。

 

当園のある三栖地区は、田辺市の中でも有数の梅生産地です。

世界農業遺産を通じて、もっと梅産業の発展に繋がれば…と

期待に胸を膨らませています。

 


参. 『W世界遺産の田辺市』×梅のPRデザイン

◆世界遺産:『紀伊山地の霊場と参詣道』

◆世界農業遺産:『みなべ・田辺の梅システム』

の2つの世界遺産を有する田辺市である事を、前面的に押し出す

全国有数の梅生産地【田辺市】だけしかできない梅のPR方法で情報提示する

梅農家として、個人として実現可能な情報発信方法を確立する

 

以上の3点を意識した結果、

◆イベント出店/商談会出展の店舗設営において、【のぼり】【POP】展示で発信

◆田辺市ふるさと納税返礼品【2017】に、【POP】を同封して情報発信

 

という、2点の実現方法に至りました。

【2/2:わかやま産品商談会in大阪】/【2/5:紀州口熊野マラソン】の参加が確定しており、

2つの大きなイベントでの情報発信を確立する為に、早急な対応に追われました。

 

『紀伊山地の霊場と参詣道』/『みなべ・田辺の梅システム』共に、【公式ロゴ】を所有しているので、

各々の関係機関に、【ロゴ利用申請】を提出し有効利用する事に心がけました。

1月末日の【のぼり制作&入手】を確立する為、

関係機関に状況報告した事で、迅速な対応をしていただいたおかげで、【のぼり】入手に至っています。

『紀伊山地の霊場と参詣道』の公式ロゴ

2017年1月18日:利用申請承認

『みなべ・田辺の梅システム』の公式ロゴ

2017年1月20日:使用申請承認



壱:のぼりを利用した【横断幕】利用による情報発信

W世界遺産の田辺市PR【のぼり】 和×夢 nagomu farm

弐:POP制作して、出展時利用による情報発信

W世界遺産の田辺市PR【POP】 和×夢 nagomu farm

四. 『W世界遺産の田辺市』×梅のPR方法

わかやま産品商談会in大阪 設営シミュレーション 和×夢 nagomu farm

2/2に出展参加する『わかやま産品商談会in大阪』では、

当園農産物『べっぴんさん。』を商材にしています。


紫宝梅『ミスなでしこⓇ【青梅】を主軸商材と

考えているため、出展机上部に【のぼり】を横断幕利用して

商談会参加者の視界に訴える設営で望みたい…と

設営シミュレーションを確定しています。

 

 


わかやま産品商談会in大阪 世界農業遺産 特設ブース展示 和×夢 nagomu farm

2/2に出展参加する『わかやま産品商談会in大阪』では、

 

『世界農業遺産』登録を祈念して、

みなべ田辺地区の出展事業者の【梅】商品を、

【特設ブース】にて一覧展示紹介いただけるようです。
当園としては、生鮮農産物を主とする商材で参加するので、

『ミスなでしこⓇ【冷凍梅】』を用いた『自家製梅シロップ』を

ご提供して、展示紹介いただこう…と考えてます。


紀州口熊野マラソン なでしこジュースふるまい 和×夢 nagomu farm

2/5にイベント出店参加する『紀州口熊野マラソン』では、

ゴール付近に、テント設営して、

『ミスなでしこⓇジュースふるまい』活動を実施します。

 

折りたたみテント【2m×2m】の三面を有効利用して、

【のぼり】の横断幕利用により、広く情報発信に努めたい…と

考えて、設営シミュレーションをしています。

 

『W世界遺産の田辺市【のぼり】』は、

◆『なでしこジュース』提供側【前面の上位置】

◆提供側裏面の道路側【後面の上位置】

の2箇所で【横断幕】利用して、情報発信に努める予定です。


五. グッズ制作時のSNS投稿記事

旬感句


Instagram


facebook