小暑 ミスなでしこⓇ2016レポ【生育の巻】


ミスなでしこⓇ report2016 【生育の巻】 和×夢 nagomu farm

紫宝梅『ミスなでしこⓇ』の

2016シーズンも無事終了しました。

 

収獲・販売シーズンを終えて、

『ミスなでしこⓇ』に関する【2016レポート】を

情報発信したい…と考えています。

 

【生育の巻】/【販売の巻】の2巻構成で2回にわたって綴りたい…と思っています。

 

今巻では、紫宝梅『ミスなでしこⓇ』の生育関連

【階級分布】/【収穫配分】/【園地別予想実績】について綴ってます。

壱. 収穫予想・実績状況


ミスなでしこⓇ2016園地別予想実績表 和×夢 nagomu farm

当園の『ミスなでしこⓇ』栽培面積は、約60a

【新植:215本】/【高接ぎ:14本】で構成されています。

 

【高接ぎ】については、間伐・伐採を進めている為、

実施している2園地については、昨年比で【減収】している状況です。

そのため2016生産量は、【昨年比:102.3%】に留まっています。

 

当園では、事前相対取引による販売を実施している為、

園地別に生産予想量を打ち出して、ズレが生じないように心がけています。

 

本年の予想量に対する実績量は、【96%】

まずまずの予想結果であったと感じています。

しかしながら、新植園地予想が全て予想を大きく下回っています。

 

南高梅と比較して【小粒】である『ミスなでしこⓇ』は、

生産予想を立てる際に、南高梅の着果生産予想量の【7割イメージ】が、

適切な生産予想量の打ち出し方であると感じています。

弐. 収穫配分グラフ


ミスなでしこⓇ 2016収穫配分グラフ 和×夢 nagomu farm
ミスなでしこⓇ2015収穫配分グラフ 和×夢 nagomu farm

当園では、2005年に誕生した紫宝梅『ミスなでしこⓇ』の早期収穫実現の為、

【高接ぎ】の手法を用いています。

その後【新植】を実施しながら、栽培面積の拡大を図っています。

 

一昨年より、生産物の品質向上を図る為、

【高接ぎ】の間伐及び、色悪系統の伐採を進めています。

 

その影響から、

 ◆ 2015産【約1.3t】:【新植】と【高接ぎ】の生産量がほぼ同数【1:1】

 ◆ 2016産【約1.3t】:【新植】が【高接ぎ】生産量のおよそ3倍量【3:1】

といった内訳となっています。

新植樹は、果実着色の優良系統を選抜して植栽しています。

そのため、前年に比べて品質向上につながっています。

ただ、【高接ぎ】樹の間伐・伐採の影響から、『生産量UP』につながっていない状況です。

弐. 階級分布グラフ


ミスなでしこⓇ2016階級分布グラフ 和×夢 nagomu farm

上記グラフは、

『ミスなでしこⓇ』2016階級分布グラフです。

 

本年の梅は、5月の高温&小雨の影響から、

【小玉傾向】なのが特徴です。

 

『ミスなでしこⓇ』についても、

同様に昨年階級分布【右図】と比較して、

【やや小玉傾向】なタマ流れとなっています。

 

2016の階級分布の特徴としては、

【色悪系統の縮小】/【色悪秀品果実の梅干し原料利用】の対応により、

【破棄】の割合が、【前年比:半分以下】となっています。

 

秀品として青果流通しているのは、約75%

残る25%は、キズ果 :【自家製/加工原料】

       完熟落果:【梅干し原料利用】

       色悪果 :【破棄/秀品は梅干し原料利用】

をしている状況です。

 

【色悪果実】の縮小対応と共に、

キズおよび完熟落果の果実の【有効販売】につなげる対応に早期対応すべき…だと感じています。