穀雨 2016梅作柄予想【1次生理落果期】


2016梅作柄状況【1次生理落果期】 【2016.4.20】 和×夢 nagomu farm

葉芽の発芽が進んでいます。

それに伴い、幼果の成長と共に

【生理落果】も始まってるように感じます。

 

梅の【生理落果】は、収穫までに大きく2回訪れる

と言われています。

先日、【1次生理落果期】の定期着果数調査を実施しました。

【ガク落ち】して顔を出した【幼果】の着果状況を確認し、

第1期作柄予想【4/6】』をしています。

 

定期着果調査を基に制作した【着果率推移】から、『2016梅作柄【1次生理落果期】』を、

個人的見解で予想して、以下に記してます。

壱. 開花期間から作柄考察


2016年の梅開花期の気象情報を基にして、

ミツバチの訪花活動による【花粉交配度】を推測しています。

 

【ガク落ち期】を終えて、着果している【幼果】を確認して感じた事は、

  ◆2月11~14日頃に、満開期を迎えてた花

  ◆3月上旬に満開期を迎えてた花

 以上の2つに当てはまるモノは、着果している…と感じています。

 

特に、【遅花】と呼ばれる3月上旬頃に満開を迎えてた花の【着果】が、

良好な状況であると感じています。

3月上旬に【花粉交配度】の高い日が続いてることが裏付けされてる…

と感じています。

 

そのため、当初より予想されてた【凶作傾向】の作柄状況ではなく、

【昨年並み】/【平年よりやや低い】作柄傾向なのでは…と感じています。

2016梅開花時期気象情報【三栖地区】 和×夢 nagomu farm

  ※上の【交配表】をクリックすると、詳細説明してる【ブログ記事】にジャンプします

弐. 着果率推移表【1次生理落果期】


開花時期の【立春:2/4】に、

着果率推移の対象樹を設定し、花芽数を計測してます。

 

【穀雨:4/20】を迎えるにあたり

【1次生理落果期】の園地巡回による作柄調査をしました。

着果数測定を基に、着果率推移をグラフ化しています。

次回『2次生理落果期【小満:5/20頃】』に、最終調査を予定しています。

2016梅着果率推移表【1次生理落果期:南高梅】 和×夢 nagomu farm

【南高梅】の作柄傾向

◆大きな【1次生理落果】を感じない

 数日後に【大きく生理落果】も考えられる

◆当園の作柄傾向としては、

 【昨年比:同等程度の作柄】100%程度

 【平年比:8割程度の作柄】75~80%程度

【小梅】の作柄傾向

◆【1次生理落果】が進んでいる

 

◆当園の作柄傾向としては、

 【昨年比:3割増の作柄 】130%程度

 【平年比:8割程度の作柄】75~80%程度

 

※ガク落ち後【豊作傾向】に感じた着果量は、

 【1次生理落果】して、少なく感じます。

 昨年比大幅増の理由は、

 昨年【カイガラムシ】の影響があった昨年より

 本年は大きく回復してる状況の為 


参. 梅産地情報【JA紀南:4/18】


JA紀南梅産地情報【4/18】 出典:JA紀南ホームページ