白梅鼠【色合い:春色】 和色紹介


白梅鼠【春】 春色【色合い】 和×夢 nagomu farm 和の三要素【Wa-③rd】

立春【2/4】を迎える頃に開花するため、

梅の花は『百花の魁』と表現されます。

 

『梅【ウメ】』は、

日本で古来より親しまれている花の1つです。

 

和歌山県の紀南地方にある当園周辺では、

立春を迎えると梅の花が一斉に開花して、

辺り一面を『白銀の世界』に色づかせます

 

そんな白梅を表す和色に『白梅鼠』があります。

『白梅鼠:しらうめねず』を、【春色】に認定しました。

壱.『鼠色』の雑学


『鼠色【ねずみいろ】』とは、

一般的に『グレー系【灰色】』全般を指す色とされ、

江戸時代初期に登場した表現とされています。

 

平安時代頃、【グレー系】の色表現は

『鈍色【どんいろ】』が利用されていました。

ただ、【喪】を表す色として愛好されませんでした。

江戸時代初期、戦乱の名残から、

火事や火葬を連想させる『灰色』が敬遠された事で、

『鼠色』の色名が登場したと言われています。

 

その当時、

庶民が憚り【はばかり】なく着用できる色は、

【茶色/鼠色/藍色】系とされていました。

町民が工夫して編み出した【茶系/鼠系】の

多色な染色バリエーションを『四十八茶百鼠』と

言われました。

【四十八/百】共に、沢山という意味合いで、

実際のところ、【茶系/鼠系】の両色いずれも、

表記数字以上の色名が存在したようです。

 

『白梅鼠【しらうめねず】』も、そんな中で誕生した

染色の1つでは…と思われます。

『白梅鼠』以外にも、

【梅】にまつわる『鼠系』が存在しています。 

白梅鼠【しらうめねず】アイコン 和×夢 nagomu farm
梅鼠【うめねず】アイコン 和×夢 nagomu farm
薄梅鼠【うすうめねず】アイコン 和×夢 nagomu farm

弐.『梅【ウメ】』の雑学


梅【ウメ】は、バラ科サクラ属の落葉高木です。

花芽は基本1節に対して1個で、

毎年【立春~雨水】頃に基本5枚からなる花弁を、

発葉する前に開花させます。

なので『春告草【はるつげぐさ】』とも呼ばれます。

 

立春を待ち構えたように開花始めを迎える事から、

梅は百花の魁』と表現されます。

◆意味: 一年の始めに一番最初【魁】に咲く

     花は【梅】である

 

梅暦』と呼ばれる言葉もあり、

梅が咲いている事を気付いた時点で、

その人にとって【春の始まり】とする事のようです。

 

梅の花色は、白/ピンク/紅とありますが、

『南高梅』を代表とする【実梅】は、

いずれも【白色で5弁の花】を咲かせます。

 

梅花の【咲き始め/咲き終わり】を示す表現は、

◆花始め :ほどける

◆花終わり:こぼれる

と梅花の個性を表して言いまわしされてます。

 

『菅原道真』が梅をこよなく愛したことから、

学問の神【天神】のシンボルに『梅家紋』が

用いられ始めたとされています。

梅の家紋『梅枝丸』


参. 『梅花』にまつわる言葉


『松竹梅』

日本古来より【めでたいモノ】で祝いの景物とされる

松/竹/梅の3種の植物を指します

 

『梅』が選ばれた背景には、

冬の寒さに耐えて美しい花を咲かせる事 で、

【門松飾り/歳寒の三友】が由来と言われています


『桜伐る馬鹿、梅伐らぬ馬鹿』

春先に咲く代表的な桜・梅の栽培上の注意を示す言葉

梅の樹:強剪定【伐る】事の重要性を示しています

◆かなり切り詰めないと樹形が雑然となり、

 実の付きが悪くなる
◆枝の更新を図らない事への注意喚起

 花芽が年々枝先へ移動した結果、枝が枯れ込む

 結果枝が少なくなり、実の収穫が安定しない


四. 『梅の花言葉』


梅花には、

どんな相手に贈るにもオススメな7つの【花言葉】が

存在するようです。

 

①高潔:寒い中【凜】として美しい花を咲かせる様

②上品:寒さに耐え、甘い香りを漂わせる花の様
③忍耐:寒い中を【耐え抜き】花を咲かせる様
④忠実:『菅原道真』の【飛梅伝説】のいわれから

⑤独立:梅の花芽が、1節1個で独立して咲き誇る様

⑥気品:白梅の【凜】として咲き誇る様
⑦艶やか:ピンク色や紅の梅花のあでやかな美しい様

 

当園としては、相手に応じて、

【立春】の期間に『梅の花枝』をプレゼントする事を

オススメします。