乙女色【色合い:春色】 和色紹介


乙女色【春】 春色【色合い】 和×夢 nagomu farm 和の三要素【Wa-③rd】

立春を迎える頃に開花する白梅より遅れて、

淡いピンク色の梅花が咲き始めます。

 

八重咲きするその梅は、当園で誕生し

現在、品種登録手続きを進めている品種です。

 

白梅が一面に広がる梅の郷【三栖地区】で

一部に広がるピンク色は目立つ存在となってます。

 

淡いピンク色を表す和色に『乙女色』があります。

『乙女色:おとめいろ』を、【春色】に認定しました。

壱.『乙女色』の雑学


『乙女色【おとめいろ】』とは、

一般的に『鴇色【ときいろ】』と呼ばれる

鴇の羽のような、薄桃色/淡紅色を表します。

朱鷺色【あかさぎいろ】/鴇羽色【ときはいろ】/

本鴇色【ほんときいろ】とも呼ばれます。

 

トキ科『鴇【トキ】』が飛ぶ時に見える

風切羽/尾羽の【ごく薄い赤】を指してます。

濃度としては、『桜色』<『乙女色』<『桃色』

という位置付けになります。

 

江戸時代に染色の色名として誕生し、

現在も女性に人気の高い色となります。

 

鴇は明治初期までは各地にいる鳥でした。

20世紀に入ってから急激に減少し、

日本では2003年に【野生絶滅】しています。

乙女色【おとめいろ】アイコン 和×夢 nagomu farm

出典:佐渡トキ保護センターより抜粋


弐.『乙女色の梅花【和夢なでしこ】』


【薄ピンク色】を表す和色は、

『桜色/薄紅梅/乙女色/桃花色』と多数あります。

『ミスなでしこⓇ』の女性的な名前繋がりから、

『和夢なでしこ』の花色を『乙女色』を表記しています。


梅【ウメ】は、バラ科サクラ属の落葉高木です。

【紀南地方】で生産されている代表的な実梅

【南高梅/古城梅/白王【小梅】/露茜 etc.】は

【白色の一重咲き:5枚からなる花弁】を、

発葉する前に開花させます。

※ミスなでしこⓇも【白の一重咲き】です

 

果皮が紫色の果実を着果させる『ミスなでしこⓇ』に

【花梅】を人工交配させて誕生したモノが

『ミスなでしこⓇGT』になります。

◆花色:【白×紅】の組み合わせ⇒【乙女色】に

◆花弁数:【花梅】を引き継ぎ【八重咲き】に

◆果実:果皮が紫色の果実

    雄しべが【複数】あり、双子・三つ子着果

 

以上の特徴から、

特許庁へ2016年に『品種登録』申請し、

『和夢なでしこ』の名で出願公表されています。

登録手続きが進まれてます。


参. 梅【3系9性】の体系


梅【3系9性】と 和夢なでしこ【位置付け】 和×夢 nagomu farm

『花色』

元々は、白花で果実収穫するモノであったが、

観賞用として品種改良で【色花】が誕生した

紅色は植物所有色素【アントシアニン】の

突然変異で、色素が定着したと考えられます

 

突然変異で誕生した特徴を活かすため、

梅は【接ぎ木】や【挿し木】で増殖されます


『花梅/実梅』

◆花梅:花の観賞を主目的とする系統

    花色:白/桃/紅

◆実梅:果実収穫を主目的とする系統

    花色:白/桃

区分は曖昧で、【花・実】両立する品種も存在


『一重咲き/八重咲き』

◆一重咲き:一重で丸い5枚の花弁を持つ

◆八重咲き:何枚も重なる花弁を持つ

 ※八重咲き=花梅ですが、一部に【実梅】が存在

 

八重の花弁は、雄しべが変化したモノと言われる

訪花昆虫を誘うために変化したと考えられている

『3系9性』

梅は大きく3系列に分類され、

花や枝の形状から、2~4性に細かく分類される

一般的には、【3系9性】と言われています

 

◆野梅系:野生【原種】に近い品種

 花色は白が多く、香りが強いのが特徴

 枝内の軸色に着色がないモノ

 4性:野梅性/難波性/紅筆性/青軸性

 

◆紅梅系:野梅系からの変化種

 枝・幹内の軸色や新芽が紅色となるモノ

 中輪で紅色の花を咲かせるモノが多い

 3性:紅梅性/緋梅性/唐梅性

 

◆豊後系・杏系:杏との自然交雑品種

 豊後系<杏系 でより杏に近い性質で分類

 2性:豊後性/杏性

 

◆李【すもも】との交雑品種は、

 すもも梅として、別体系で区分される


品種登録を進めている『和夢なでしこ』は、

◆実梅なのに、乙女色で八重咲きする梅花

◆八房着果【双子・三つ子着果】する果実

◆果皮が紫色になる果実

以上のプレミア特性を持つ、稀少な品種です。