雨水 知財×なでしこ【2018】

知的財産【商標登録/品種登録】×  紫宝梅『ミスなでしこⓇ』 2018状況 和×夢 nagomu farm

2005年に当園で誕生した紫宝梅『ミスなでしこⓇ』。

2010年の『商標登録』を受け、現在に至っています。

それまでの『商標登録』申請経緯

和歌山県で開催された『知財のミカタ』参加を通じて

得た『地域団体商標』/『GI登録』への適用

 

『ミスなでしこⓇ』商標権の【権利移譲】について

2018年2月の【知的財産権】状況を以下にご紹介しています。


壱. 『ミスなでしこ』商標登録状況

紫宝梅『ミスなでしこⓇ』とは? 和×夢 nagomu farm

ミスなでしこⓇ【梅青果】 商標登録  和×夢 nagomu farm

2005年に当園で誕生した梅は、

2010年に『ミスなでしこⓇ』の名で

31類【32E01】:梅の果実 の

【商標登録】に至っています。

 

その当時、各種関係機関のご協力を得て、

先代『那須義昭』名義にて申請承認されてます。

 

10年間で更新手続きが必要となり、

2020年4月が【存続期間満了日】となっています。 

ミスなでしこⓇ【梅加工品】商標登録 和×夢 nagomu farm

2012年、六次産業への取り組みの一環を踏まえ

『ミスなでしこⓇ』を原料とする加工品

 32類:梅果汁入り飲料

 33類:梅酒

の2類を【追加申請】して承認されています。

 

5年契機での【分納】申請としており、

後期分納【2017年】の際に、

 32類:梅果汁入り飲料【登録更新】

 33類:梅酒     【登録抹消】

と、手続き作業【自分自身】で実施しています。


弐. 『知財のミカタ』を経て

2/5【月】和歌山市で開催される

『農林水産のプロモーションセミナー』に

参加してきました。

併設開催される『臨時相談会』で、

当園も【個別相談】いただいてます。

 

『ミスなでしこⓇ』の名前は、

三栖【みす】地区で誕生という意味合いも込めた

『ミス』が入っている名称で、

【商標登録】承認された【稀なケース】かと

感じています。


三栖産『ミスなでしこⓇ』として、

将来的に生産量が増えた場合でも、

【高付加価値】を維持できる展開となるように

専門家からのアドバイスを通じて、

進むべき道を見いだす事ができれば…

と考えています

 

個別相談にあたり、

『ミスなでしこⓇ』を取り巻く補足説明資料として

色に特徴ある紀南栽培4種の梅【比較表】を製作し

プロモーション戦略に挑んでいます。


紫宝梅『ミスなでしこⓇ』を取り巻く4種の梅比較 和×夢 nagomu farm

参. 地域団体商標/GI登録の適性

今回の『知財のミカタ』では、

知的財産の新たな申請方法として、

『地域団体商標』と『地理的表示【GI】』について

紹介されました。

 

『三栖産』で登録し【地域資産】とできないかと考え、

『ミスなでしこⓇ』への適性をみましたが、

それぞれに色んな障害があり【不可能】そうです…。

 

①【団体申請】の必要がある

 仮にJAより申請する場合、紀南全域でなく、

 【三栖産】と絞って申請する事は厳しい
②【個人】としての強い申請要望があっても、

 組織として申請要請をするには、組織内で承認を

 何段階もする必要が出る

 結果的に申請に至ることは難しい
③『GI登録』に至っては、要項的に申請対象外

 【栽培25年以上経過】の条件から、

 【2005年誕生】の『ミスなでしこⓇ』は不可能

 

両方の申請要項を拝見する限り、

団体申請では、いずれも『紀南産』で申請しないと

申請不可能な現状だと感じています。

『ミスなでしこⓇ』のブランド化を高めるには、

もっとスピーディーに実践できる【代替策】を見つけ

進めていく必要を強く感じました。

今後は、『和歌山県発明協会』の方へ、

相談していく事になりそうです。


四. 商標登録の【権利移譲】

【2010年】商標登録を取得した『ミスなでしこ®』

【2020年】の登録更新手続きを前に、

先代より【商標権譲渡】する運びとなりました。

 

『商標権移転』の申請作業を【自分】で執り行い、

覚えやすい【2/22:トリプル2】に

譲渡手続きを完了させて

特許庁への申請を郵送しています。

間もなく『特許庁管理データベース』上でも

『那須義昭【先代】』⇒『那須 誠』へと

更新されます。

 

譲り受けた【知的財産】を有効に活用し、

『ミスなでしこⓇ』を現状以上に

もっと飛躍させたい所存です。