立春 23th 口熊野マラソン【レポ】


23th 紀州口熊野マラソン【レポ】 和×夢 nagomu farm

上富田町で開催される『紀州口熊野マラソン』は、

毎年立春に開催される代表的なマラソン大会で、

全国各地より参加されてます。

ハーフの部:1,815 名/フルの部:2,404 名に

前日を含め約4,650名の参加規模で実施される

紀南有数の大きなマラソン大会です。

 

『ミスなでしこⓇ』梅ジュースの【ふるまい】で、

梅の魅力発信&『ミスなでしこⓇ』知名度UP

繋がれば…考えて継続活動しています。

そんな【4thふるまい活動】をレポートします。

壱. 23th 口熊野マラソン状況

毎年、2月の第1日曜日に開催される当大会は、

梅の開花間近な【立春】のマラソン大会として、

本年23回を重ねる大きなスポーツイベントとなっています。

 

2018年は、1月下旬より【真冬日】連日続き、

大会当日も、寒風の舞う肌寒い気候の下

第23回紀州口熊野マラソン大会』となりました

【ハーフマラソン】⇒09:50

【フルマラソン】 ⇒10:00

総勢4,219人が、口熊野を駆け巡りました。

 

例年同様、ゴール地点にブース設営して、

継続4年目となる約2,000杯の『なでしこジュース』

ふるまい活動に努めています。

『なでしこジュース』で、

【水分+糖分+クエン酸】を補給して、

疲労回復を図っていただきたい…と考えてます。

 

 

本年も『紀州口熊野マラソン』の

オフィシャルサポーターで共に、【ふるまい活動】は

公式ブログでご紹介いただいてます。

立春大吉 戊戌【札】 和×夢 nagomu farm

4th ふるまい活動pop 23th 紀州口熊野マラソン 和×夢 nagomu farm

弐. ふるまい活動の目的

参加ランナーに向け、

【水分/糖分/クエン酸】を補給して疲労回復を!

容易に補給可能な

『梅ビネガードリンク【なでしこジュース】』を

ふるまって梅の魅力を発信する…

そんな想いから、ふるまい活動を継続しています。

 

その他、様々な目的を持って活動しています。

◆W世界遺産の田辺市【情報発信】

 ・紀伊山地の霊場と参詣道

 ・みなべ・田辺の梅システム

◆プレミア和歌山認定 紫宝梅『ミスなでしこⓇ』紹介

◆田辺観光情報

 ・田辺梅林【2/3~3/4】
 ・4th UMEロードマラソン【2/25】

 

ブース設営を【事前シミュレーション】して

最高の立地で、より効果的に情報発信できるよう

ブース3面を使った設営に努めています。

4thふるまい ブース事前シミュレーション 和×夢 nagomu farm

世界遺産

『紀伊山地の霊場と参詣道』

世界農業遺産

『みなべ・田辺の梅システム』


参. SNS発信

『4th ふるまい』は、

Instagramでの【旬感句】を通じて、

事前情報発信につとめています。

本年は、ふるまい活動における【活動服:聖衣】製作

についての投稿句が大半を占めています。



四. ふるまい活動レポ

【2,000杯】の『なでしこジュース』提供を目標に

予備200杯を持ち込み【ふるまい】をしました

 

前日準備の甲斐あって、

当日ブース設営が捗り、スタート前の8時半より

【ふるまい】を実施できました

 

地元より2名/遠方【大阪】より2名と自分を加えた

名体制で活動しました。
過去活動反省点の改善し活動してる事も重なって

予備【200杯】を含む【全2,200杯】のふるまい

14時20分に完遂する事ができました!

 

提供用コップ【70ml】の7割【50ml】提供で

換算して資材調達しました。

 ◆梅ビネガーシロップ:約14.5L
 ◆飲料水:76L
 ◆氷:11kg
 総計:約100Lの提供量となってます。

2018ふるまい数変移グラフ 23th紀州口熊野マラソン 和×夢 nagomu farm

五.今回の課題対応

過去の『なでしこジュース【ふるまい】』を通じて

発生した課題に今回対応した事を以下に記します。

 

壱. ふるまい提供は、【蛇口付クーラ<ペットボトル】

   が望ましく、スピーディーな提供が実現できます。

  5名体制活動では、

    ◆後方【ジュース製作/ペットボトルへの移し】

    ◆前方【3名の提供/1名のゴミ回収】

   の役割分担により、余裕ある【ふるまい】が

   実現できてます

 

弐. 【ふるまい提供数:2,000杯】前後の関係から、

  フルマラソン参加者の【4時間半以降】の

      ゴールランナーに提供できてない状況です。

  8時半~【スタート前】の提供を実施する事で、

  より多くの対象ランナーに提供できそうです

 

参. 活動服による情報発信

   【防寒】も考慮し、全員で活動帽子を着用し、

   【はっぴ】/【前掛け】/【Tシャツ重ね着】etc.

   を着用し、効果的な活動服を実証検証してみました

 ⇒【はっぴ&帽子】ユニフォームが効果的に感じる

 

四. 一部ランナーより、

   商品購入方法の問い合わせを受けました

 ⇒ 商品販売は、設営テントでは【不可能】の為、

   他の出展者に委託販売を依頼して、

  【当日限定販売】する準備が必要に思える

ブース周辺MAP制作 和×夢 nagomu farm


六. 結び

『紀州口熊野マラソン』での

『なでしこジュース【ふるまい】』活動は、

地元三栖地区のイベントと日程が重なる為、

地元生産者にご協力要請できない中、

継続活動しています。

 

ールを迎えたランナーより、

「美味しい!」/「おかわりイイですか?」

というご意見が聞け、活動の活力をいただいてます!


人員確保に努めながら、

『なでしこジュース【ふるまい】』が

参加ランナーより【イメージ定着】される位まで

活動人員と活動時間を確保して

極力活動継続に努める所存です