尾花色【色合い:秋色】 和色紹介


尾花色【秋】 秋色【色合い】 和×夢 nagomu farm 和の三要素【Wa-③rd】

日本の秋風景で頭に浮かぶ情景の1つに、

『すすき』の広がる風景があります。

十五夜『中秋の名月』の飾りでも

『すすき』は筆頭にあげられます。

 

『すすきの穂』のような

白に薄い黒が混ざった色を、和色では

『尾花色:おばないろ』と呼びます。

 

ススキをイメージする和色『尾花色』を、【秋色】と認定しました。

壱.『尾花色』の雑学


『尾花』とは『すすき』の古名で、

『すすき』の穂を、動物の尾に見立てて、

表現されたことが由来とされています。

 

『すすき』は、『茅【萱】:かや』と呼ばれる

有用植物の主要な1種。

野原に広く生息し、古来より日本で親しまれている

多年生草木です。

【秋の七草】の1つでもあります。


弐.『苅安色』の雑学


『すすき』の仲間に『苅安:かりやす』があり、

日本では『苅安染め』の染料として広く利用されました。

 

『苅安【かりやす】染め』は、

【黄色染め】の代表的な手法で、伝統色の1つです。

色合いは、青味がかった黄色になります。

 

『日本書紀』で、「天下の百姓をして黄色の衣を服しむ」

【無位無官】の正装色が、黄色『苅安染め』の着衣だった

事が記されています。


参. 『すすき』の雑学


『すすき』は、高さ1m~2mからなり

地中に地下茎を形成し、多数の花茎を立てる草木です。

葉は細長く、縁がノコギリ上になっています。

夏~秋に、20cm~30cm程度の花穂をつけます。

種子に白い毛が生えて、穂全体が白っぽくなります。

 

『茅:かや』の主要植物であり、

農家で【茅葺き屋根】の材料/家畜のえさ

として利用され重宝されていました。

 

その為、集落周辺に定期的に借り入れされる

『すすき草原【茅場:かやば】』が存在していました。

現在では、需要がなくなり、

多くの茅場は【雑木林】に遷移しています。

 

『茅場町【東京】』/『ススキノ【北海道】』etc.

日本各地に『すすき』に関連する地名が存在しています。

   

※出典:Wikipedia より抜粋


四. お月見の『すすき』雑学


お月見は、

古来日本に根付いた【月】への信仰から、

月への収獲感謝の意味を込めて始まった風習と

言われています。

お月見の際は、月から見て、

左側に『すすき』/右側に『団子』の

位置に飾るようです。

 

『すすき』を飾るのは、

十五夜の時期【旧暦8月15日】には、

既に稲刈りが終了していて稲穂が無い事から、

稲穂に似た『すすき』が用いられるようになった

といわれています。

また、【魔除け】の意味もあるようです。

 

『団子』飾りの方は、

十五夜にちなみ、【1寸五分:約4.5cm】サイズ

【15個の団子】3段飾りが一般的なようです。

現在では、簡素化され【5個の団子】2段飾りが

増えているようです。

穀物収穫の感謝の意味合いから、

米粉から作った白い団子を【月】に見立てて

お供えしている…といわれています。