黄金色【色合い:秋色】 和色紹介


黄金色【秋】 秋色【色合い】 和×夢 nagomu farm 和の三要素【Wa-③rd】

八月下旬になり、

周りの水田の稲穂がたわわに実っています。

当地方でも、稲刈り作業の風景を見かける

時期となりました。

 

直前の稲穂は、

昔より『黄金色に耀く』と表現されます。

 

日本は、貴金属の【金】の生産量を誇り

マルコポーロ著『東方見聞録』では、『黄金の国ジパング』と紹介されました。

 

貴金属【金】のような明るい赤みがかった黄色を、

和色では『黄金色:こがねいろ』と呼ばれます。

稲穂をイメージする和色『黄金色』を、【秋色】と認定しました。

壱.『黄金色』の雑学


『黄金色:こがねいろ』とは、

貴金属の【金】を表現する、明るい赤みがかった黄色

を指します。

 

貴金属の【金】を色表現する美称として、

『黄金』は用いられます。

【金】を色表現する際には、

金属の光沢感を出す為に、黄系や茶系色を用いて

グラデーション加工して表現されます。

 

『金色』のイメージには、以下のようなモノがあります

・【高価の象徴】/【豊かさ】を表します

・存在感が強く、【特別】な印象を与えます

 ※ゴールドカード/ゴールデンウィークetc.

・意欲的な気持ち/プラスイメージを与えます

・成功・理想への欲望を刺激します

価値が変わらない存在を表します

・仏具に使われる

※出典:Illustrator入門【ブログ】より抜粋


弐. 『黄金色の稲穂』&『棚田』の風景


日本は古来より稲作主体で食文化を培ってきました。

平野部が少なく山間地の多い地形を巧みに耕し、

畦や石垣を用いて、段々の水田【棚田】が作られました。

棚田の定義&歴史

 日本の棚田百選

現在でも、250万haの内、約22万ha【8%】が、

棚田であると言われています。

 

近年では、水利技術の進歩や機械化により、

平野部で大型な長方形化が進みました。

段々の水田【棚田】は、

機械化対応させる大規模な園地改造を図る事が困難な為、

営農放棄されて荒廃化してる所も多く見られてます。

 

現在では、【棚田】の景観維持し、

観光地として利用観光リピータ醸成の為、

水田の『オーナー制度』/『昔ながらの農業体験』etc.で

後生に棚田を残す取り組みが多くの地域で実施されてます。

※出典:棚田ネットワーク より抜粋

※上画像をクリックで、Instagram投稿へ


『丸山千枚田【三重県】』の

稲刈り前の棚田風景 2016.9.3


参. 『ONE PIECE FILM GOLD』


『黄金:GOLD』と言えば、2016夏に【GOLD】に関係する映画が上映されています。

『ONE PIECE』の最新映画に『GOLD』の名が用いられてます。

 

※下の映画POPをクリックすると、『ONEPIECE FILM GOLD』公式HPにジャンプします


※出典:『ONE PIECE FILM GOLD』 より抜粋