笹色【色合い:夏色】 和色紹介


天色【夏】 夏色【色合い】 和×夢 nagomu farm 和の三要素【Wa-③rd】

七月七日は、言わずと知れた

『七夕』になります。

 

『七夕』は、

笹の葉に【願い事を記した短冊】を中心とした

『七夕飾り』を装飾し、星に願う

古来より続く日本の祭り行事の1つです。

 

和色では、

【笹の葉】のような青味のある薄緑色を、『笹色:ささいろ』と呼ばれます。

七夕をイメージする和色『笹色』を、【夏色】と認定しました。

壱.『笹色』の雑学


『笹色:ささいろ』とは、

【笹の葉】のような濃く青光りする色を指します。

 

また、濃い紅色が乾いて黒色を帯びて青く光る色に

ついても『笹色紅』と表現されます。

 

『笹色紅』とは、

江戸時代後期に、花街の女性の間で流行した口紅です。

紅花から赤の色素を取り出す際、

麻を使うと【高純度の紅】が取り出せます。

その紅は、

 ◆薄く伸ばして塗ると優しい赤に

 ◆何度も塗り乾かすと、玉虫色【メタリックグリーン】

  の発色が生まれる

 

高純度の紅を塗り重ねたときだけ、

【笹色紅】の発色が生まれるので、【豊かさの象徴】と

して、当時の女性の間で流行しました。 

※『笹色紅』は、

 浮世絵師 歌麿作『深川の雪』etc.で確認できます


弐. 『七夕』に関する雑学


日本で古来より7月7日に実施される『七夕』は、

 ◆日本の神事であった【棚機:たなばた】

 ◆織り姫&彦星伝説

 ◆中国より伝来した【乞巧奠:きこうでん】

が合わさったモノと言われています。

 

【棚機】とは、

日本の禊ぎ行事の1つです。

乙女が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり人々の【けがれをはらう】もの

選ばれた乙女は『棚機女:たなばたつめ』と呼ばれ、

水辺にある機屋(はたや)で、着物を織りました。

着物を織るのに使用されたのが、【棚機】と呼ばれました。

現在の『七夕』は、その当て字だと言われています。

 

【織り姫と彦星伝説】とは、

琴座【ベガ:織女星】は、裁縫の仕事   ⇒織り姫

鷲座【アルタイル:牽牛星】は、農業の仕事⇒彦星

を司る星と考えられてました。

この二つの星は、旧暦7月7日【8月20日頃】に

天ノ川をはさんで最も輝いて見えることから、

中国でこの日を一年一度のめぐりあいの日と考えられた。

 

【乞巧奠】とは、

中国の行事で、7月7日に【織女星】にあやかって

はた織りetc.の芸事の上達を星に祈りを捧げる風習

七夕行事は、

江戸時代に【五節句】の1つとなりました

五色の短冊に色々な願い事を書いて

笹竹に吊して星に祈るお祭りとなっています


織り姫 と 彦星
織り姫 と 彦星

参. 『短冊』と『七夕飾り』の雑学


七夕 五色の短冊の意味 和×夢 nagomu farm

『七夕』で【5色の短冊】にお願いを書くようになったのは、

 ◆厄・災いの おはらい

 ◆無事の感謝

 ◆健康を願う
を半年に一度行う風習が、短冊に記すようになり、

中国の『五行説』の色に当てはめて5色になったとされています。

その際、【黒】⇒ 最上の色【紫】

    【青】⇒【緑】:日本では、緑を【あお】を呼ぶ

 

「五行説(ごぎょうせつ)」は、

人間が真面目に生きて行く意味である『五徳【仁・礼・信・義・智】』をあてはめられてます。

 ◆木【仁】:徳を積む/人間力を高める

 ◆土【礼】:父母や祖先に対する感謝の気持ち

 ◆火【信】:知人・友人を大切に思う気持ち

 ◆金【義】:義務や決まりを守る気持ち

 ◆水【智】:学業の向上を願う気持ち

 

また、『5色の短冊』には、

『七夕』の【夜と星のイメージ】にちなみ、5色それぞれに当てはめられています。

 

※出典:きになるあれこれ。【七夕飾りの意味と五色の短冊】より抜粋

『七夕』では、笹の葉へ【五色の短冊】以外に【様々な七夕飾り】が装飾されます。

『七夕飾り』それぞれには、以下の意味合いが込められているそうです。

 ◆折り鶴 :家族が長生きするように

 ◆投網  :豊漁になるように/食べ物に不自由しないように

 ◆吹き流し:織り姫のように機織が上手になるように

 ◆提灯【屑籠】:整理整頓/モノを粗末にしないように

 ◆紙衣  :裁縫の腕が上達するように

 ◆巾着  :お金が貯まるように

 

その他の『七夕飾り』としては、

 織り姫&彦星 / 星飾り / 笹の葉 / 貝飾り / 菱飾り etc.

があります。

 

※出典:きになるあれこれ。【七夕飾りの意味と五色の短冊】より抜粋