穀雨 南紀白浜ケンケン鰹祭り【出店レポ】


【南紀白浜ケンケン鰹祭り】 出店レポ   和×夢 nagomu farm

2016年度の【初】出店は、

GW期間に南紀白浜で開催されるイベント

『南紀白浜ケンケン鰹祭り』になります。

 

2016年からは、イベント出店回数を減らしつつ、

参加したイベントで数多くの情報発信をしつつ、

PR活動に繋げたい…と考えています。

 

今回のイベントは、強烈な浜風が吹き荒れる中での出店となりました。

色々な【目的】を持って挑んだ【初】出店を終えての、【出店レポ】を以下に説明します。

壱. 『ケンケン鰹』とは?


『ケンケン鰹』とは、和歌山県すさみ町で水揚げされた

『ケンケン漁』という【曳き縄漁】を用いて釣り上げられた【鰹】を指します。

和歌山県の【地域ブランド登録商品】となっています。


『ケンケン漁』の漁法とは、

明治末期の1908年にハワイから帰国した『小野七之助』氏によって伝えられ、

和歌山県すさみ町で改良・発達してきた曳き縄漁 です。

一隻につき1~2人が乗り組み、船尾と左右に張り出した大きな竿から流す疑似餌を、

すさみ独自の潜行板で躍らせカツオを誘って釣り上げられます。

釣り上げた鰹は、1匹1匹活き絞め【外傷が無いように頭部を叩いて締める事】され、

氷水で血抜き保管される事で、鮮度が保たれた状態で水揚げされます。

 

そんな【ケンケン漁】の【ケンケン】の由来には、諸説あるようです。

 ◆漁法が伝わった、ハワイのカナカ語 説

 ◆水揚時に、カツオが水面を【ケンケン】するように跳ねる 説
 ◆疑似餌に使われてた羽毛が語源 説


非常に鮮度が保たれた状態の鰹なので、

【たたき】ではなく、【刺身】で食べる事が美味しいとされてます。

モチモチした食感から、『もちがつお』と地元では呼ばれています。

 

出典:特産品販売 わかやま産地直送便 ケンケン鰹 より抜粋

弐. 『ケンケン鰹祭り』2016


『南紀白浜ケンケン鰹祭り』とは、

和歌山県すさみ町の地域ブランド『ケンケン鰹』を、

 ◆白浜町経済3団体

 ◆和歌山南漁協

 ◆すさみケンケン鰹ブランド委員会 etc.  で組織する

『南紀白浜漁業振興施設地域活性化実行委員会』が

主催する『ケンケン鰹』PRイベント

白浜町の漁業振興施設『フィッシャーマンズワーフ白浜』

で開催されてます。

 

・『ケンケン鰹』の試食や即売会

・【白浜中学校吹奏楽部】etc. のステージイベント

・各種屋台村の出店販売

と盛り沢山の内容で、今回が第3回となります。

南紀白浜ケンケン鰹祭り2016 pop

参. 出店レポート『梅side』


出店店舗看板2016 和×夢 nagomu farm
出店店舗看板2016 ver.

2016年度【初】出店した際の

『和×夢 nagomu farm』店舗設営です。

 

 ◆『ミスなでしこⓇ』通り名【紫宝梅】の発信

 ◆一新したキャラクター『美梅【miu⇆(s)】

 ◆和柄【小紋柄】を加えた【和】要素強化

 ◆ホームページ【www.nagomu-farm.jp】発信

 ◆梅システムの世界農業遺産認定の情報発信

 ◆『ふるさと納税返礼品』の当品商品紹介 

の色んな目的を持って、出店設営に挑んでいます。

ミスなでしこⓇ【Y】umeぷら酢 販促価格pop
ケンケン鰹祭り2016 和×夢 nagomu farm 店舗全体図
出店店舗【全体図】
和×夢 nagomu farm 紹介pop 2016

三栖のはるか’s 価格POP

四. 出店レポート『柑橘side』


園主Selectの7種の晩柑【七武柑】の一角

シーズン最終品種の【サンフルーツ】を、

『サン・フル。【甘な月】』で販売しました。

今回は、キズモノの【サンフルーツ】を、

【1個:¥50】にてバラ売り対応しています。

 

【木成完熟】の味わいを試食していただき、

「外見は悪くても、中身は美味しい」事を感じていただき

お買い求めいただきました。

 

購入者には、【サンフルーツ】を少しでも認知いただくよう

品種紹介POP【右画像】を手渡ししてます。

 

試食を通じて、

【大量買い】いただいた他県のお客さまもおられ、

ほぼ『完売』する事ができました。

 

5/3出店の『イノブータン王国建国祭』では、

『はるか』&『サンフルーツ』の【ツートップ】体制で、

柑橘のシーズン【最終販売】に挑みます。 

なでしこソーダ 価格POP
サン・フル。【甘夏】 紹介pop 和×夢 nagomu farm

五. 出店レポート【その他】


『ケンケン鰹祭り』当日は、終始強風が吹き荒れる天候の下に実施されました。

【強風対策】も過去の経験から、充分に対応できてたのでは…と感じています。

 

和歌山県地域ブランドとして確立している『ケンケン鰹』の活動イベントへの参加を通じて、

紫宝梅『ミスなでしこⓇ』の地域ブランド確立の【ヒント】に繋がれば…と思ってます。

ご縁がある限り、今後も出店参加させていただきたい…と考えています。

 

強風の中で、当園こいのぼりも元気に泳いでました。

勿論、5/3の『イノブータン王国建国祭』でも、こいのぼり展示の予定です。

当日facebook投稿記事
当日facebook投稿記事
【Y】ume柄 こいのぼり展示
【Y】ume柄 こいのぼり展示

左の【facebook】投稿画像をクリックすると、

該当facebookページにジャンプします