穀雨 すっぴん勝負【ミスなでしこⓇ】


すっぴん勝負 ミスなでしこⓇ 【2016】 和×夢 nagomu farm

当園で生産する紫宝梅『ミスなでしこⓇ』は

数年前より【色悪系統】の伐採・縮小に努めてます。

 

2016時点では、一部【高接ぎ樹:数本】以外は、

優良系統樹となり、着色向上を図る【メイク:摘心処理】

を施さない『すっぴん勝負』が可能となってます。

 

【メイク:摘心処理】に関する説明と、なぜ『すっぴん勝負』なのか… の観点と、

4月下旬時点の着果量推移について、以下にご説明します。

壱. 【すっぴん】勝負


ミスなでしこⓇ【2016】植栽&作柄状況 和×夢 nagomu farm
優良系統【すっぴん】状況
優良系統【すっぴん】状況
色悪系統【メイク:摘心処理】実施
色悪系統【メイク:摘心処理】実施

当園の紫宝梅『ミスなでしこⓇ』は、2016時点で

◆新植樹:215本

 植栽していた【色悪系統】を全て抜根し、

『優良系統』のみの植栽となっています

◆高接ぎ樹: 14本

 【色悪系統:8本】が現存しています

 

【色悪系統】は、

 ・元々着色度が低い

 ・葉芽が早く発芽する為、日照が得られにくい

 そんな状況から、摘心対応未処理で生産すると、

 満足できる着色度に満たない果実が多く発生します。

 

その為、果実に日光が当たるように、

果実に被さる葉や新芽を刈り取る【摘心処理】を

4月と5月の2回実施します。

当園では、【摘心処理】を『メイク』と呼んでいます。

 

昨年産までは、全ての樹に対し『メイク』を施してました。

ただ2回の『メイク』を施すと、『ミスなでしこⓇ』は、

やや樹勢が弱い為、木の生長や着果量に影響している…

と感じていました。

 

【優良系統】については、

『すっぴん【摘心未処理】』でも、

 ・元々着色度が高い状態で成長する

 ・葉芽の発芽も遅く、幼果期に充分の日照を得られる

 そんな状況から、充分満足できる着色度で

 生産できる為、本年より【すっぴん勝負】としています。

 

【色悪系統】は、

2回のメイク処理を施しても、納得できない果実ができるので本年度の剪定作業時に、【高接ぎ】対象樹を全て伐採予定です

 

次年度産より、ALL【優良系統】植栽の編成にしようと、

【高接ぎ部分】に【黄色テープ】の目印を付けています。

ミスなでしこⓇ【優良系統】着色状況 2016.4.20
優良系統【着色】
ミスなでしこⓇ【系統比較】着葉状況 2016.4.20
着葉状況【系統比較】
ミスなでしこⓇ【色悪系統】目印処理 2016.4.20
色悪系統【高接ぎ部目印】

※上の旬感句をクリックすると、

 対象ページにジャンプします。


弐. 着果率推移【4.17】


ミスなでしこⓇ 2016着果率変移表 【2016.4.17】 和×夢 nagomu farm

4.17時点の着果率推移状況ですが、

◆『ミスなでしこⓇ』と『南高梅』の2系統

 ほぼ同じ【着果率推移】を見せています

 両系統の梅を【隣接植栽】してるので、【相互交配】

 による【相乗効果】が発生してる気がします

 

◆『パープルクィーン』

 【着果推移】対象樹に、一部【山あい園地】がある為、

 『ミスなでしこⓇ』&『南高梅』より低い着果率です

 

◆『ミスなでしこⓇGT』

 極端に低い【着果率】には、色んな要因が想定される

 一般の梅と比較して【花梅要素】が高い事が、一番の要因

 だと考えています 

 

次回は、

【2次生理落果】が落ち着く、

 

【5月20日頃】を目途に、最終着果量測定を予定してます。

ミスなでしこⓇ原木
ミスなでしこⓇ原木