清明 千代紙柄アイコン【襲和詞】


襲和詞 【地紋アイコン一覧】 wa-③rd/和×夢 nagomu farm

当園の名が『和×夢 nagomu farm』ということで、

随所に【和】を意識しています。

 

ホームページに、和の三要素【wa-③rd】を制作して、

既に、『旬感句【和暦】』/『色合い【和色】』を

不定期更新しています。

 

未だ手を着けられてない『襲和詞【大和言葉】』のページ制作に向けて、

準備を進めています。

 

【大和言葉】とは、日本古来より伝わる言葉で、【和詞】とも呼ばれます。

そんな言葉を、50音順に分類して紹介しようと、

【あかさたなはまやらわ】のアイコンを作ってみました!

それぞれに、日本古来より利用される【千代紙柄】を割り当てました。

 

今回、それぞれ割り当てた【千代紙柄】を掘り下げて、ご紹介します。

壱. 千代紙とは?


日本古来より伝わる言葉【大和言葉】を紹介するページなので、

50音順分類するアイコンも【和】を意識しよう…と

襲和詞の【和詞】と、千代紙の【和紙】にちなんで、

背景デザインに【千代紙柄:紋様】を利用するに至りました。

 

【千代紙】とは、

 ◆ 日本の伝統的な紋や模様が入っている正方形の和紙

 ◆ 折り紙/紙人形の衣装/工芸品や化粧箱の装飾etc.に利用

 ◆ 【千代紙】の由来は、

   ・千代姫という女性名から採った

   ・千代田城とも呼ばれた、江戸城の大奥で好まれたから

出典:Wikipedia【千代紙】より 


弐. アイコン別紋様の説明


『襲和詞』のページでは、

日本古来より伝わる言葉である【大和言葉】を

50音順に分類したページ構成を考えています。

 

そのため、『あかさたなはまやらわ』のアイコンを用意し、

それぞれに代表的な【千代紙柄:紋様】を割り当てました。

割り当てた【紋様】について、掘り下げて説明しています。


【麻の葉】柄

あ行【地紋:麻の葉】 襲和詞アイコン

◆平安時代からある六角形のひし形を結び付けた模様

◆日本独自の文様で、正六角形を基本とした幾何学文様

◆麻は丈夫ですくすくとまっすぐに伸びることから、

 子供の産着に用いる風習があった

◆江戸時代の歌舞伎役者『岩井半次郎』の着用で庶民に流行


【亀 甲】柄

か行【地紋:亀甲】 襲和詞アイコン

◆亀の甲羅の形に由来する六角形を結び付けた模様

◆日本では、長寿吉兆の象徴「鶴亀」に結びつくので、

 非常に愛され・多用されている吉祥文様

◆平安時代より、有職文様として定着している

◆多くの派生紋様が存在する

 亀甲内に花紋を組み合わせる/3つ組の【毘沙門天紋】etc.


【七 宝】柄

さ行【地紋:七宝】 襲和詞アイコン

◆同サイズの円の円周を1/4ずつ重ねて繋いでいく紋様

◆【七宝】の名は、仏教の経典に書かれる7つの宝物

 【金/銀/瑠璃/珊瑚/瑪瑙/玻璃/シャコ貝】に由来

◆絶えることのない【永遠の連鎖&拡大】を意味し、

 【円満】/【調和】の吉祥紋様として親しまれている

◆多くの派生紋様が存在し、空間に紋様を埋めたり、

 七宝紋様そのもので柄になったりと様々


【唐草立涌】柄

た行【地紋:唐草立涌】 襲和詞アイコン

◆奈良時代に中国より伝わった紋様

◆平安時代に多く見られる伝統的な紋様

◆立涌は、波上の線が縦に規則正しく隣り合わせに続く紋様

◆唐草は、生命力が強く途切れることなくのびる蔓がモチーフ

 『繁栄/長寿』の意味合いを持つ、縁起のいい文様

◆【立涌】には多くの派生紋様が存在し、

 当アイコンは【唐草】と組み合わさった『唐草立涌』


【青海波】柄

な行【地紋:青海波】 襲和詞アイコン

◆ペルシャ・ササン朝様式の文様が、

 中国を経由して伝播した、波を意匠化した紋様

◆波を同心の扇状で描き表す幾何学紋様

絶えず繰り返される穏やかな波のように、

 平穏な暮らしが続くことを願いを込めた吉祥文様

◆江戸時代の中期に『勘七』という漆工の手で、

 広く普及し、様々な派生紋様が誕生


【 菱 】柄

は行【地紋:菱】 襲和詞アイコン

◆縄文時代の土器にも描かれてる、

 自然発生的に生み出された幾何学紋様

◆ヒシ科の水草の【実 or 葉】を図案化したとも言われる

◆二方向の平行線が交差しできる形【菱形】の連続文様

◆平安時代に装束の文様として、派生紋様が多数誕生

 花を菱形に擬して意匠化した紋様も多数誕生


【市 松】柄

ま行【地紋:市松】 襲和詞アイコン

◆2色の正方形を交互に配した模様、格子模様の1種

◆古墳時代の埴輪や、奈良時代の建造物にも存在する

 江戸時代まで、石畳や、霰【あられ】と称されていた 

◆江戸時代の歌舞伎役者『佐野川市松』が着用した柄として、

 庶民の間で流行し広まったため、後に

 『市松模様』/『市松格子』と呼ばれるようになった


【矢 絣】柄

や行【地紋:矢絣】 襲和詞アイコン

◆矢羽を図案化した紋様

◆和服や千代紙の柄に利用されることが多い

 紫色の矢絣柄は、時代劇や歌舞伎の腰元への利用が多い

◆江戸時代に、【結婚】の際に矢絣柄の着物を持たせると、

 出戻ってこない(射た矢は戻ってこない)事から縁起柄に

◆明治・大正時代の頃、女学生の間で

 【矢絣のお召し&えび茶色の袴】の衣装が大流行


【雷文繋ぎ】柄

ら行【地紋:雷文繋ぎ】 襲和詞アイコン

◆梵語の「卍」を斜めに崩して四方に連続文様にしたもの

 【卍崩し】とも称される

◆桃山・江戸時代に紗綾織が、中国【明】より輸入され、

 文様として利用されたので【紗綾形】と一般に呼ばれる

◆紋様の原型となる【卍】は、

 仏教用語で【万】の字の代わりに用いられる

 【万】とは、『よろず、すべて』という意味合い

 仏教だけでなく、キリスト教でも宗教的な意味合いを持つ


【輪に花菱】柄

ら行【地紋:輪に花菱】 襲和詞アイコン

◆菱形紋様が原型で、四弁の花に見立てた紋様

 【唐花菱】/【唐花】とも称される

 菱の葉に見立てた弁を、4つ並べて花に見立てた模様とも

◆江戸時代、商人に好まれた紋様

◆様々な派生紋様が存在する

 花菱を複数組み合わせたり、他の枠や図案と組み合わせたり