蒲公英色【色合い:春色】 和色紹介


蒲公英色【春】 春色【色合い】 和×夢 nagomu farm 和の三要素【Wa-③rd】

野や畑のあちこちに、

【黄色い花】と【綿毛】の風景を目にします。

 

【春】を身近に感じる存在の

『蒲公英:タンポポ』です。

 

平安時代の書物より、

【タンポポ】の記述がある

日本の春を代表する草花です。

 

タンポポの春の暖かさを感じる黄色を、和色で『蒲公英色』と表現されています。

そんな、タンポポ花色を表す和色『蒲公英色』を、【春色】と認定しました。

壱.『蒲公英色』の雑学


『蒲公英色』の色名は、

近年に誕生した比較的新しい色です。

 

和色【蒲公英色】のような

鮮やかな黄色までとはいきませんが、

『タンポポ』の花を利用する草木染め【たんぽぽ染め】

をすると、綺麗な『黄色』に染まります

 

【黄色の花びら】だけで煮詰めた煮汁を利用して

染める方が、綺麗な【黄色】に染まるようです。

 

詳しくは、

能登川町総合文化情報センターのHP】を参照下さい。


弐. 『たんぽぽ』にまつわる雑学


日本たんぽぽ 2016.spring

蒲公英【たんぽぽ】は、キク科タンポポ属の総称です。

古くは、『ふじな』または『たな』の名で呼ばれてました。

平安初期の書物『本草和名【ほんぞうわみょう】』に、

その古名がが見られます。

 

【たんぽぽ】の語源については、諸説あります。

「たんぽぽの茎の両端を裂き、反り返らせる遊び」が、

 日本伝統楽器の『鼓【つづみ】』に似ていることから、

 江戸時代に『鼓草【ツヅミグサ】』と呼ばれました。

 鼓を叩く小児語『タン・ポンポン』【擬音語】から…

 という説が有力

 

【たんぽぽ】を表す英語

【dandelion:ダンディライオン】は、

フランス語で『ライオンの歯』を意味する

【ダン=ド=リオン】に由来してると言われます。

ギザギザの葉が、【ライオンの牙】を思わせる理由から

のようです。

 

【たんぽぽ】の花言葉は、

「神のお告げ」「愛の神託」「思わせぶり」etc.

綿毛のついた種を吹き飛ばして、

恋占いをしたことからきていると思われます。

※恋占いでは、【一息で全部吹き飛ばせると思いが叶う】

 といわれます。 

たんぽぽイラスト
たんぽぽイラスト

たんぽぽ綿毛イラスト
たんぽぽ綿毛イラスト

参. 在来種と帰化種の『たんぽぽ』


日本には、大きく分別して2種類の『たんぽぽ』があります。

 壱. 在来種:カンサイタンポポ/カントウタンポポ/

                   シロバナタンポポ etc. およそ20種

   弐. 帰化種:セイヨウタンポポ/アカミタンポポ etc.

                   明治時代以降にやってきたタンポポ

 

【在来種】と【帰化種】の見分け方は、

茎と花の付け目【総苞:そうほう】の形状で確認できます。

在来種:総苞部に反り返りがなくスッキリした形状【写真左】

帰化種:総苞部が大きく下に向かって反り返った形状【写真中央】

 

外来種【セイヨウタンポポ】の生命力が強く、

在来種が脅かされてる状況にあるようです。
日本の地方別に在来種が存在します。

関西地方には、『カンサイタンポポ』が生育しており、

一般的なモノより【一回り】小さいのが特徴です。

 

白花品種【シロバナタンポポ】は、在来種です。

以前は、西日本中心に生息してましたが、

近年は温暖化の影響もあり、北海道にも生育してるようです。

 

帰化種のタンポポは、一年通じて花を咲かす為、

夏以降の花は、ほぼ【帰化種】になります。


シロバナタンポポ
シロバナタンポポ

在来種【カンサイタンポポ】
在来種【カンサイタンポポ】
帰化種【セイヨウタンポポ】
帰化種【セイヨウタンポポ】

タンポポ県別生育分布【西日本】
タンポポ県別生育分布【西日本】

※出典:『タンポポ調査・西日本2010実行委員会』HPより

    http://www.museum.tokushima-ec.ed.jp/ogawa/tanpopo/report/3-2-3.html

 画像をクリックすると、対象ページにジャンプします。

四. 『たんぽぽ』の活用


『たんぽぽ』は、

古来より、ヨーロッパ/中東で、食用として利用されてます。

効能としては、

 

【葉】:冷え性の改善/疲労回復/整腸作用/利尿作用

    女性ホルモン【エストロゲン】の取得 etc.

【根】:母乳の乳質向上/利尿作用/健胃・強肝作用

    発毛・育毛作用 etc.

 

たんぽぽ茶:

  ◆葉を乾燥したモノをハーブティーのように、

   ティーポットでエキスを抽出するような入れ方にする

  ◆ほうじ茶のような香ばしさ&ほんの少しの土の香り

 

たんぽぽコーヒー:

  ◆根をコーヒー豆のように焙煎してから、荒挽きの粉にした商品

  ◆コーヒーと違い、【ノンカフェイン】であるため、

     リラックス効果目的や、妊婦の方向けに利用されている

※上の商品写真をクリックすると、

『たんぽぽコーヒー』の商品ページ

 にジャンプします