春分 ミスなでしこⓇ【2016生産予想量】


ミスなでしこⓇ 2016生産予想量 【2016.3.26】 和×夢 nagomu farm

当園で生産する紫宝梅『ミスなでしこⓇ』は、

共選ではなく【個人取引】にて販売しています。

 

壱. 以前より取引いただいている取引先さま

弐. 新規にお声かけいただいてる取引先さま

参.『ふるさと納税返礼品』への利用

四. 加工原料として利用

色んな用途があり、生産量を適確に予測する必要があります。

 

『ミスなでしこⓇ』は、南高梅と比較して【ガク落ち】が早く、

ほぼ全ての幼果が確認できる為、園地毎の生産予想量を出してみました。

2016年『ミスなでしこⓇ』生産予想量について以下に記します。


壱. 本年作柄【前年85%】


当園では、9園地【約60a】の作付面積で、

『ミスなでしこⓇ』を栽培しています。

 

全般的に【新植年数】が最近で、

生産に至っていない園地が多い状況です。

 

また、早期収獲する為に南高梅に【高接ぎ】してたモノを

優良系統に選抜する為、徐々に縮小している状況です。

3園地への【高接ぎ】のうち、

1園地【山田】は、全てを伐採してる状況です。

残る2園地は、いずれも【5割】を伐採しており、

生産量【半減】は、確実な状況です。

 

幼木の【自然増】はありますが、

複数ある系統の中で、本年着果状況が【皆無】な系統も

確認してます。

 

各園地毎に、2015年に実施した対処事項を記し、

着果状況から、2016年の生産予想量を打ち出しました。

園地別生産量を数値化してるのですが、

諸々の事情から【昨年比の割合】表示としています。

 

積み上げて出た2016生産予想量は、

【前年比:85%】となっています。

本年の生産予想量を充分意識して、

取引先さまに【状況報告】をしつつ、

取引数量調整を早急に図る必要がありそうです。

古畑【着果状況】
古畑【着果状況】
平【着果状況】
平【着果状況】

半反物【着果状況】
半反物【着果状況】

弐. 着果状況【3.25】

『ミスなでしこⓇ』は、

栽培全9園地【ガク落ち】がほぼ終わってる状況です。

顔を出した幼果は、日光を浴びて、

徐々に果皮を着色し始めてます。

『ミスなでしこⓇ』の特徴である【梅紫】色の果皮は、

幼果時より形成されています。

 

系統により、発芽する時期が異なります。

以前からの観察状況からすると、

発芽の遅い系統の方が、着色に優れてる気がします。

 

系統により【自家受粉有無】の違いもあり、

開花時期も異なるので、着果状況もマチマチです。

 

【品質向上:着色の安定】/【生産量安定】の

両方を意識して、系統の特徴把握に努めたい…と

考えています。

 

全般的に、着果量は少ないので、

果実肥大は進むように感じます。

通常の階級分布より【1サイズ】程度大きい

【2015年階級分布】に近くなる…と想定してます。 

上記写真をクリックすると、
【旬感句】投稿ページにジャンプします


原木の着果状況 @Base N
原木の着果状況 @Base N