春分 2016梅作柄【下方修正】


2016梅作柄&ガク落ち状況表 【2016.3.25】 和×夢 nagomu farm

先週より【ガク落ち】が進んで、

日増しに幼果が顔を出してきてます。

 

【ガク落ち】とは、花びらが散った後、

【ガク】と呼ばれる花の根元部分が落ちる事を示します。

その際、交配していない未着果の花は、

【ガク落ち】する事で、何も無くなってしまいます。

 

先日【3月18~19日】は、【ガク落ち】初期であった為、

1週間経過した生育状況を確認するため、園地巡回を実施しました。

園地巡回して見えてきた状況を以下に記します。


壱. 作柄【下方修正】

主要園地梅花状況表3rd【3.08】 和×夢 nagomu farm

主要10園地の【ガク落ち状況】と【園地全体の作柄状況】を、

それぞれ指数表示して数値化しています。

平均数値は、

『【指数数値×植栽本数】の各園地数値合計÷植栽本数』にて

算出しています。

初調査より1週間が経過した【3/24~25】時点の
 ガク落ち状況【3.4】:5段階指数

 作柄指数  【7.6】:10段階指数


予想に反して【ガク落ち】は、ゆっくりと進んでます。

全て【ガク落ち】するには、あと1週間以上かかりそうです

 

作柄状況は、

【ガク落ち】が進むにつれ、着果数量が少なく感じてます。

特に、豊作傾向と感じてた園地の【予測誤り】が大きく、

平均数値は【7.6】と下降しています…。

 

当園の平均樹齢は、

園地改植を図って【古木がほとんど無い】状況である為、

地域全体の平均作柄と比較すると、良い方なのでは…

と感じています。

 

まだ、【1/3】程度の【ガク】が残ってる状況です。

全ての【ガク落ち】を終えた頃には、

【3/25時点】の平均作柄指数より【さらに下降】し、

もっと『下方修正』する可能性を危惧しています。

岩田奥【凶作樹】
岩田奥【凶作樹】
岩田奥【着果状況】
岩田奥【着果状況】

三栖地区【早場園地】
三栖地区【早場園地】

弐. 概算収穫量予測

先日、JA紀南への『出荷数量予約【1st】』が実施されました。
今後定期的に『出荷予約』を実施して、出荷取引調整がなされます。

4月には、2016年の【漬け込み原塩】の予約注文する事になります。

次の園地巡回【全ガク落ち期】後には、2016梅概算生産量を予想しないと…と思ってます。

 

【3/25時点】の2016年の南高梅作柄【個人見解】は、
作柄 :平年比75%【当園】

    ※地域全体の作柄的には、平年比70%以下位になってくると想定


生産量:昨年比90%【当園全園地の総収量】

    ※南高梅の主力園地改植による減少と、若木の自然増を加味した数値