啓蟄 品種登録出願『ミスなでしこⓇGT』


ミスなでしこⓇGT 品種登録出願 和×夢 nagomu farm

当園で誕生した紫宝梅『ミスなでしこⓇ』。

そんな『ミスなでしこⓇ』と、花梅を掛け合わせて

誕生した品種が『ミスなでしこⓇ GT』になります。

 

花:なでしこ色の多弁花

果実:紫果皮の双子や三つ子着果

が特徴的な性質を持ちます。

 

商標登録を取得していた『ミスなでしこⓇ』ですが、

新たに誕生した『ミスなでしこⓇGT』で、品種登録申請する運びとなり、

3月18日に、品種登録出願を終えました。

『ミスなでしこⓇGT』についてご説明します。


壱. 『ミスなでしこⓇGT』とは?

美梅【miu⇆(s)】紹介POP ミスなでしこⓇイメージキャラクター

※上の画像をクリックすると、説明ページにジャンプします


紀南地方で収穫する【南高】を主体とする梅品種は、

いずれも、【白色&5枚の単弁】が一般的です。

今回登録申請する『ミスなでしこⓇGT』は、

花梅【鹿児島紅梅】と人工交配して誕生させてる為、

【なでしこ色の多弁花】の控えめで主張する花をつけます。

 

また、多弁花で【めしべ】が多数存在する為、

交配条件により、【双子や三つ子】着果するのが特徴です。

紫宝梅『ミスなでしこⓇ』の特徴を継承してるので、

果皮が【梅紫色】で、収穫時期まで着果してる事も

生理落果してしまう『花梅』にない特徴です。

 

既に品種登録されている紫色の梅

『パープルクィーン』/『パープル南高』とは

全く違う【別物】であるため、県の協力支援を受け、

2015年より品種登録出願に向け、果実調査が

スタートしました。

ミスなでしこⓇGT 家系図

なでしこ色の多弁花
なでしこ色の多弁花
三つ子着果【幼果】
三つ子着果【幼果】

弐. 品種登録出願

2015年【春】

品種登録出願に向け、準備がスタートしました。

 

・西牟婁振興局地域振興部農業振興課

・和歌山県果樹試験場うめ研究所

 の行政機関のサポートにより、

『ミスなでしこⓇGT』の品種特性を実証・データ化する為、

1年がかりで、果実特性の証明資料が完成しました。

 

今回の【品種登録出願】にあわせ、

『ミスなでしこⓇGT』の育成権を、

先代より継承して、息子である自分が譲渡を受け、

【品種登録出願】する運びとなってます。

 

【品種登録】の出願資料は、スキル向上のため、

自分本人で作成するように努めました。

品種特性の証明データを折り込んで、資料作成を完成させ

関係機関を交えての最終確認を実施して、

3月18日に【品種登録出願】に至っています。


品種登録出願【資料準備】
品種登録出願【資料準備】
育成権の譲渡
育成権の譲渡
品種登録出願【目録】
品種登録出願【目録】

参. 品種登録に合わせて

2016年3月に【品種登録出願】をしても、

品種登録承認には、時間を要します。

 

品種登録承認までに様々な準備を進めてます。

・【原木】の明確化&植栽展示

・『ミスなでしこⓇGT』植栽園地の用意

・今後を見据えた苗木の育成

 

品種登録承認により、

当園で生まれた紫宝梅『ミスなでしこⓇ』は、

大きな称号を獲得すると考えています。

今後、青果物流通を進める上でも、【大きなプラス】に

なるとも感じています。

 

品種登録承認まで、2~3年。

 ・その期間で進められる準備

 ・登録承認後の、活用・展開方法etc.

 

ただ、【品種登録】が承認されてるだけ…

という結果にならない為、やるべき事は山積みです。 

ミスなでしこⓇGT【原木】
【原木】植栽展示
『ミスなでしこⓇGT』植栽園地用意
専門園地用意
自園地にて苗木育成
苗木育成中