啓蟄 2016梅作柄予想【花落ち期】


南高梅着果率推移表 【2016.3.08】 和×夢 nagomu farm

3月5日【土】に、

ミツバチの訪花活動による梅の花粉交配目的で

設置されていた【ミツバチの巣箱】が

撤収されました。

 

梅の開花満開状況【2016】は、

昨年比で【約10日程度早い】傾向です。

ですが、【咲き終わり】が特別早かったワケではなく、

例年通りの【開花終わり】だったように感じます。
【長い開花期間】だったのでは…と感じています。

 

本年、主要梅園地の開花状況確認を、

毎週【定期確認】してみよう…と、園地巡回に努めています。

最終確認として【3/8】に、園地巡回【3rd】を実施しました。

また、開花前【立春:2/4】に、対象樹の花芽数計測を実施し、

【啓蟄:3/4】に定期計測を実施しています。

 

上記2点の情報を基に『2016年梅作柄』を、

個人的な見解で予想して、以下に記しています。


壱. 開花期間中交配状況表

2016梅開花期間気象情報 ミツバチ交配度推定表 和×夢 nagomu farm

3年前より、実施している気象情報を基にして、

ミツバチの訪花活動による【交配度】を推測しています。

 

2016年気象情報からすると、【満開期】突入前後の【2/11or14】の

ミツバチの訪花活動具合が、交配度合いを左右してる…と感じています。
満開期に突入してる有無は、園地や植栽樹の樹勢etc.によって異なります。
2月上旬より早期開花してる園地の作柄に、期待できそう…と感じています。
逆に、2/14以降に開花してる園地については、

2月末日まで、交配最適な気候が訪れていないため、やや厳しい状況かも…

といったのが、個人的な見解です。

 

3月に突入して、連日【交配最適日】が続いています。

開花が特に遅い【山間地区】の作柄は、イイ傾向なのかも…と思ってます。

2月前半 交配3days
2月前半 交配3days
2月後半 交配3days
2月後半 交配3days

弐. 主要園地の開花状況

主要園地梅花状況表3rd【3.08】 和×夢 nagomu farm

主要園地別に、【ほころび:開花】と【こぼれ:散り】状況を、

『5段階+0表示』で数値化しています。

平均数値は、

『【開花状況数値×植栽本数】の各園地数値合計÷植栽本数』

にて算出しています。

3/8【火】現在の
 ほころび状況:【5.0】:全部開花

 こぼれ状況 :【4.5】:ほぼ開花終わり


開花期間が長い分、
開花が早いモノについては、

花芽の【ガク落ち】も進み、新芽も見えてきています。

 

既に、防除シーズンに突入してる…と感じています。


参. 着果率推移表【花落ち期】



開花時期の【立春:2/4】に、

着果率推移の対象樹を設定し、花芽数を計測してます。

 

花落ち期【啓蟄:3/4】の数量計測を実施しました。

今回【花落ち期】の傾向としては、

 

【南高梅】の着果数は、

例年より早期開花した花芽の生育が進んでおり、

例年より少ない傾向…だと感じています。

現時点では、豊凶予想は難しい…状況です。

 

【小梅】の着果数は、

幼木から成木へと生育期が進んでおり、

昨年の【かいがら病】の影響も少なくなっており、

イイ感じの着果傾向だと感じています。

 

着果率推移は、ガク落ち期【春分:3/21】頃の

定期測定で作柄傾向が見えてくると思ってます。 

上富田岩田地区
上富田岩田地区
三栖地区
三栖地区

城山台園地 2016.3.01開花状況
城山台【3/1】
城山台園地 2016.3.08開花状況
城山台【3/8】