鶯色【色合い:春色】 和色紹介


鶯色【春】 春色【色合い】 和×夢 nagomu farm 和の三要素【Wa-③rd】

平地で早春に鳴き始める事から、

『春告鳥:はるつげどり』とも呼ばれる

【鶯:うぐいす】です。


【鶯:うぐいす】は、

日本ではほぼ全国に分布する留鳥

環境適応能力は高く、

の多い林下や藪を好むが

さえずりの最中に開けた場所に姿を現す時もある

警戒心が強く、声が聞こえても姿が見えないことが多い。

 

さえずるのは縄張り内を見張っているオスで、

「ホーホケキョ」は、他の鳥に対する縄張り宣言といわれる。

「ホーホケキョ」とさえずるのを初めて聞いた日を、

『ウグイスの初鳴日』と呼び、気象庁が【生物季節観測】に用いられてます。

 ※出典 Wikipedia【鶯:うぐいす】より抜粋

 

『春告鳥』と呼ばれ、

『梅とウグイス』の組み合わせが有名な事にちなみ、

 和色『鶯色』を【春色】と認定しました。


壱.『鶯色』の雑学

染め物でいう『鶯色』は、

【うぐいす】の羽根に似た灰色がかった緑褐色を言う。

 

一般的な『鶯色』のイメージとしては、

抹茶色に近い柔らかな黄緑色を連想する人も多い

ウグイスと同じく春先によく見かけられる野鳥【メジロ】

 の羽の色と混同されている。

 

江戸時代に誕生した色で、

当時、【渋好み】の江戸っ子たちに歓迎された色。

【鶯色】の着物が大ブームになったようです。

※当時の【鶯色】は、

 より茶色味がかった和色【鶯茶】を指している。


壱.【花札】の絵柄札にある『梅とウグイス』が有名

 

弐.『うぐいす餅』

  『鶯ボール【植垣米菓】』

  『鶯餡』:エンドウ【豆】を使った餡 etc.

  お菓子には、【鶯】が多く用いられています

 

参.『ウグイス嬢』 
  野球場で場内アナウンスを担当する女性

  選挙運動の際、選挙カーから候補者の

  応援アナウンスをする女性

梅に【鶯:ウグイス】
梅に【鶯:ウグイス】
うぐいす餅
うぐいす餅
植垣米菓 鶯ボール
植垣米菓 鶯ボール

弐. 『鶯』にまつわる和歌

『鶯:うぐいす』にまつわる和歌を、以下にご紹介します。

  ※ 出典 Wikipedia【鶯:うぐいす】より

  • うぐいすの なく野辺ごとに きてみれば うつろふ花に 風ぞ吹きける 【古今和歌集】
  • あらたまの 年ゆきがへり 春立たば まづ我が宿に 鶯は鳴け 【大伴家持:万葉集】
  • 春たてば 花とや見らむ 白雪の かかれる枝に うぐひすぞなく 【素性法師:古今和歌集】
  • 春霞 おもひたちにし あしたより またるるものは 鶯のこゑ 【藤原敦忠】
  • ほととぎす なくべき枝と みゆれども またるるものは 鶯の声【藤原道綱】
  • 鶯の こゑ聞きそむるあしたより 待たるる物は 桜なりけり  【本居宣長】
  • 鶯の 声を聞きつる あしたより 春の心に なりにけるかも  【良寛】
  • 鶯の 谷よりいづる 声なくは 春くることを 誰か知らまし  【大江千里】
  • 声たえず 鳴けや鶯 ひととせに ふたたびとだに 来べき春かは【藤原興風】