立春 梅収穫&収入情報【2015】検証


梅収入情報変移グラフ【和×夢 nagomu farm】

2015年【確定申告】作業が一区切りつきました。

 

【確定申告】と並行し、

『作目別収入情報』を分析・検証できるように取りまとめしてます。

  

【2015年収入情報】をグラフ化してみました。

当園の栽培面積&収入額の大部分を占める『南高梅』は、

収獲量【前年比:減】/販売価格【昨年比:ほぼ同額】傾向の為、

収入額も、【収穫量と同等に減】の状況です…。

 

当園が、『梅主体の果樹農家』であり、

『当園の農業経営には、梅が握っている』状況です。

 

梅収穫&収入情報【2015】の検証した個人の想いを、以下に記します。

立春大吉お札

壱. 梅関連情報【2015】

右のグラフは、

当園の

『栽培作目の分布推移棒グラフ』

『栽培作目分布円グラフ』

になります。

梅全体で、約80%。

南高梅だけで【半分以上】を占めてる

梅農家である事が確認できます。

 

梅栽培で、農業を営んでいる事が

裏付けられてます。

また、梅栽培品種の割合は、

『ミスなでしこⓇ』を拡張し、

『南高梅』の栽培面積を縮小してる状況です。

 

『ミスなでしこⓇ』への改植も一段落し、

適性面積となってる状況です。

 

栽培品目割合推移【和×夢 nagomu farm】
栽培品目割合H27【和×夢 nagomu farm】


作目&出荷方法別に

『収入内訳円グラフ』を作ってみました。

梅全体で、

【90%】以上の収入を占めています。

 

昨年の出荷振り分けは、

『南高梅干し』を減らして、

『南高梅【加工出荷】』に重きを置いてる

のが確認できます。

 

また、

『ミスなでしこⓇ【青果出荷】』

『ミスなでしこⓇ【加工商品】』

の収入率が高く推移してきてる状況が

確認できます。

H27収入配分円グラフ【和×夢 nagomu farm】
H26収入配分円グラフ【和×夢 nagomu farm】

弐. 梅収入情報【2015】の検証

『南高梅収穫量変移グラフ』と

『梅収入額変移グラフ』を作ってみました。

 

梅の2015生産量は、前年比:約74%

梅の2015収入額は、前年比:約71%

となっています。

 

考えられることは、

・前年とほぼ同額以下の販売価格であった?

・安値販売して収入額減となっている?

のいずれかであったという事です。

梅干しタルの流通価格は、

昨年比で【やや高値推移】してる状況から、

【加工出荷】を重視した出荷振り分けで

安値販売してる事が収入downに大きく影響

してると推測されます。

 

梅干し流通が鈍化してる状況下で

制作した全てのタルを流通できる補償がない為

出荷分散は仕方がない部分もありますが…。

結果論を言えば、適切ではないと感じてます。

 



個人的に、

2015年は『出荷方針』を誤ってた…深く反省しています。

青果価格や、梅タル価格が、作柄で大きく変動しない今、

作柄理由で収穫量が減った場合は、【出荷方針】が大きく収入額に影響すると

考えられます。

より、【付加価値販売】/【全量販売】/【安売り防止】を意識して

上手く販売して収入UPを図り経営する手腕が問われてると感じてます。

 

以上の事を踏まえて、

2016年は、【生産量把握】/【出荷方針の確定】に

最善を尽くしたい…と思ってます。