立春 賑わい春の陣【口熊野マラソン】


『なでしこジュース【ふるまい】』@口熊野マラソン

壱. 21th 口熊野マラソン活動

爽やかな快晴に見舞われた2月7日【日】

立春とはいえ、やや肌寒く感じる下で

第21回紀州口熊野マラソン大会』が開催されました。

【ハーフマラソン】⇒09:50

【フルマラソン】 ⇒10:00

総勢4,818人のランナーが、口熊野の大地を駆け巡りました。

 

ゴール地点にブース設営して、

開会式【8:40】前から参加ランナーに

『なでしこジュース』のふるまい【試飲】活動を

スタートさせました。

 

大きなイベントでの【賑わい:春の陣】と位置付け

様々な情報発信&『ミスなでしこⓇ』PRに努めてます。

立春大吉お札


口熊野マラソン大会スケジュール【予定】
フルマラソンSTART待機中
START待機中【フルマラソン】

弐. ブース設営の目的

『なでしこジュース』ふるまい
ふるまい【2,700杯】
『ミスなでしこⓇGT』花苗持込
6分咲き花苗持込
にっぽんの梅干し展PR
梅干し展 in 紀州PR


完走ランナーに、

【水分/糖分/クエン酸】を容易に取得できる

『梅ビネガードリンク』を提供し、梅の魅力を発信する…

そんな想いから

『なでしこジュース』のふるまい【試飲】を実施しています。

 

それ以外に、梅に関する【地元情報】をPOP展示して

情報発信に努めるブース設営を心がけました。

 壱. 品種登録中の『ミスなでしこⓇGT』の

    6分咲き『Catering ミスなでしこⓇ』を持込PR

 弐.『にっぽんの梅干し展 in紀州』のPOP展示

 参.『みなべ・田辺の梅システム』農業遺産認定を

    POP展示してPR
 四.『ミスなでしこⓇ』のマスコミ掲載記事展示

    生誕10周年【朝日新聞掲載】

    ミスなでしこⓇ収獲祭【MBS voice】

 

ゴール地点の【完走賞受け渡し】に隣接したテント位置で

数多くの発信情報&『なでしこジュース』【ふるまい】に

努めました。

 

農業遺産認定PR
農業遺産認定PR

参. ふるまい活動レポ

『第21回大会』にちなみ

2,100杯】の『なでしこジュース』提供を予定し

店舗設営完了した8:30頃より

【ふるまい】をスタートしました。

 

ハーフの完走ランナーが集中する

【11:50~12:30】

フルの完走ランナーが集中する

【14:00~14:30】

 

の時間帯は、追い切られる活動となりました。

予備を含む【全2,700杯】を14時迄に提供完了し、

『フルマラソン完走ランナー』に提供できない結果

が残念に感じています…

 

提供量は、

想定値【105L】に対して、

実際量 【95L】となりました。

提供用紙コップが【70ml】だったのに、

試算値は【90ml】の半分提供【50ml】にて

算出してる為だと考えています。  



試飲提供数の変移グラフ【口熊野マラソン】

口熊野マラソン【2016】活動レポ
口熊野マラソン【2016】活動レポ

※ 写真をクリックすると、

  活動レポを記してるページにジャンプします

口熊野マラソン【2016】活動レポ2
口熊野マラソン【2016】活動レポ2

四.今後の課題

『なでしこジュース』ふるまい【2016】を終えて、

新たな課題が見えてきました。

ブログに記して、次年度活動に向け対応したいと考えてます。

 

壱. スタート前の各種場所案内の充実

   ブース設営の立地位置から、参加ランナーより、

  【トイレ】/【マラソン受付】/【スタート位置】を

   度々スタート前にご質問を受けます

   案内図を展示し、スムーズな誘導に努める必要があります

 

弐. ふるまい提供方法の改善

   完走ランナーによっては、ありがたい事に

  『なでしこジュースのおかわり』をしていただきます。

   より数多くのランナーに提供を実現する為にも、

  『おかわり』提供の提供&コップの有効活用を加味した

   ブース設営を考える必要があります

   セルフの『おかわり』ゾーン設立&大きめコップで提供

   何か考慮する必要があります

 

参. ふるまい時間の確保

   フルマラソンランナーの到着ピークは、

   14時以降となる流れと感じています。

   広く参加ランナーへの【ふるまい提供】を実現する為、

   9時~15時の時間帯の活動に努める必要があります

 

四. 商品販売の実現

  一部のランナーより、商品購入方法の問い合わせを

  いただきます

    ブース位置的に、大々的な商品販売は控えたい…のですが

  商品購入を希望されるランナーに向けて、

  【現場販売対応】/【ネット通販の案内】etc.…

  の商品販売手段を確立する必要があります 


五. 結び

『紀州口熊野マラソン』への【ふるまい】活動2年目。

活動を通じて、多くのランナーより、

「美味しい!」

「おかわりイイですか?」

と、ありがたいお言葉が聞け、力を与えていただける活動です。
マラソンランナーの【完走後の楽しみ】に位置付けられる【ふるまい活動】を目指して、

今後も、継続参加して【イメージ定着】できるように心がけたい…と考えてます。

 

活動においては、まだまだ課題も山積です。

1つ1つ克服して、より充実した【ふるまい活動】実現のため、改善を図る所存です!