睦月.7 梅は百花の魁


旬感句【睦月 其之弐】 小寒に 百花の魁 チラホラと…

※園地巡回による【開花始め】の確認を受け、感じた事を『旬感句』で表現しています。

 画像をクリックすると、投稿記事にジャンプします。

壱. 2016【開花確認】

2015年の冬は、例年にない【暖冬】に見舞われています。

そんな【暖冬】の影響を受け、年末より梅園地各所で

【開花確認】がされてる模様です。

※「梅の花チラホラ 各地で暖冬の影響」【紀伊民報12/31記事】

 

当園では、【仕事始め:1/5】に梅園地確認を行いました。

当園でも、平坦地/山間地に関係なく、一部の木で百花程度の

開花を確認することができました。

2015【冬】の気象情報【気温】

※JA紀南の気象ロボットデータ【三栖支所】よりデータ利用

月情報

2015.神無月

2015.霜月

2015.師走

2016.睦月5 迄

最高気温

28.4℃

24.0℃

23.0℃

18.1℃

最低気温

6.4℃

4.8℃

0.1℃

2.3℃

平均気温

18.4℃

16.0℃

11.1℃

9.4℃

雨量

36.8㎜

213.4㎜

53.0㎜

5.2㎜


2016開花【高畑山傾斜地】
高畑山傾斜地【南高梅】
2016梅開花【衣笠山南高】
衣笠山高台【南高梅】
2016開花【城山台高台】
城山台高台【南高梅】
2016開花【衣笠山小梅】
衣笠山高台【小梅】

弐. 開花時期【本年:小寒】

例年、当地方の梅の開花始めは、1月下旬~2月上旬

二十四節気】の【立春:2月上旬】を迎える時期にあたります。

しかしながら、2016年の開花始めは、12月末~1月上旬
二十四節気の【小寒:1月上旬】を迎える時期であり、

約半月以上早い開花始めになると考えられます。

小寒】とは、『寒の入り』とも言われます。

これから更に寒さが増す節目となります。

旧暦で年の始まりを迎える【春】と位置付けられる【立春】まで、

30日間あり、動き始めた花芽に対して、

寒さによる【冷害/霜害】を危惧しています。

参. 梅は百花の魁

梅は百花の魁』という諺があります。

旧暦で、年の始まりの節目とされる【立春:2月上旬】に、

開花始めを迎える梅の花に対する例えです。

一年の始めに一番最初【魁】に咲く花が、【梅】であるという意味です。

 

梅歴』と呼ばれる言葉もあるようです。

梅が咲いている事を気付いた時点で、その人にとって【春の始まり】とする事のようです。

ただ、本年に至っては、梅の開花=【春】とは結びつかなく感じてます。

 

当園の園地巡回で目視確認した感じでは、

巷の農家で囁かれてる【花芽数が極少で不作傾向】にも納得できます。
性の悪い木に至っては、例年と比べて非常に厳しい状況です。

 

開花期が長くなれば、交配機会が多くなると考えられます。

しかし、【寒の内】期間に凍霜害の危険性が高まるとも言えます。

プラス要因に繋がる事を期待しています。

 

世界農業遺産登録【初年度】を迎える2016年の観梅事業としては、

開始当初より、開花率が高いと思われるので、プラス要因だと感じています。