師走.7 第2回 西牟婁地方の特色ある農林水産物商談会 レポ


地元飲食関係者に向けた、

特色あるレアな【地のモン】が集まる商談会に

出展してきました。


当園で誕生した梅『ミスなでしこⓇ』
本年初収穫アーモンド『和ーモンド』【参考商品】

の2点を展示紹介する設営に心がけました。

『ミスなでしこⓇ』の由来/家系図
マスコミ掲載/過熱水蒸気処理【サンプル】
加工商品【Y】umeぷら酢/試飲


『アーモンド』の生育写真展示
『和ーモンド』の由来/新聞掲載紙面
収獲果実【外殻付&ジンのみ】の展示

180cm幅の机一杯に情報開示に努めました。


今回の出展においては、『初紹介3件』を提示する事で、来場者の反応を確認することに努めました。
『初紹介3件』とは以下の通りです。


壱.過熱水蒸気処理【サンプル】


本年、『ミスなでしこⓇ』をサンプル提示し、

【過熱水蒸気処理】を実施していただきました。

【過熱水蒸気処理】とは、

200度以上の水蒸気を当てて蒸す技術で、日本で始めて果実類【梅】にも応用された技術です。
処理時間は約10分間で、処理後、有用成分が増え、殺菌されてる事が立証されている。
ペースト状にする事で、解凍&再冷凍による組織破壊&離水が少なくなる事も確認されてるようです。

※過熱水蒸気処理に関しては、以下を参照願います。
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=294235&p=more


南高梅ペースト【手前】に対して、シッカリと自然着色の出たペーストになっています。

加工用途の幅が広がり、未加糖の状態であるので、調味利用の幅も広がるモノと考えています。

一部飲食関係者より、興味深く問い合わせいただきました。



弐.ホームページ紹介

 

本年、『和×夢 nagomu farm』の自己制作を開始し、

当サイトを立ち上げました。

当サイトのトップページをPOP展示し、

ipadを通じて、サイト表示できるようにしました。
 

商談会では、

『ミスなでしこⓇ』の品種登録系統『ミスなでしこⓇGT』に関する説明の際に、ipadを用いて該当ページを表示し、利用しました。 



参.アーモンド【参考展示】

 

『和×夢 nagomu farm』の成長戦略【AKP戦略】の

一角を担う作物が『アーモンド』になります。

栽培2年目で初着果し、収獲に至っています。


当園で命名した『和ーモンド』についての由来説明POP

花・果実に関する写真展示

新聞掲載記事

収獲した外殻付アーモンド&ナッツクラッカー

40粒の外殻付【白フタ瓶】&ジンのみ【黒フタ瓶】展示


商談会では、非常に多くの人に注目いただきました。

流通する【ジン】は、果実のわずか2%である事を説明しつつ、色んな対話をさせていただきました。

会場では、生アーモンドを試食してみました。
口の中で、アーモンドの香り&味が濃く広がり、可能性の高さを感じました。

観光農園利用/異業種コラボによる情報発信
実現するには、まだまだ年数を要しますが、【夢】を持って挑みたい…と思っています。 
 



商談会を、各種マスコミで紹介

 

当商談会には、『NHKさん』と『紀伊民報さん』が

取材に来られていました。


当日夜の『NHKニュース845』にて放送され、

『ミスなでしこⓇ』及び『商談の模様』を

ご紹介いただいてます。


また、『紀伊民報』でも、商談会の記事掲載の文中で、

『アーモンド』出品についてご紹介いただいてます。

   http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=305957&p=more


和歌山県が管理するホームページには、『農林水産物食材コレクション』として、各地区別に特色ある農林水産物が紹介されています。

今回の商談会参加を通じて、是非とも『ミスなでしこⓇ』を先陣に、いずれは『アーモンド』についても、登録していただこう…と考えてます。

 http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/130600/130651/corection/index.html


今回の商談会では、特に『アーモンド』に関する関心が高く感じました。
・開花期の花見場所発信

・果実収穫&殻剥き作業の農業体験

・収穫果実の異業種コラボによる商品開発&田辺発信

etc.

 

『和ーモンド』と命名してる以上、【和歌山産アーモンド】として地位を確立できるように、努めたい…と思っています。

12/3【木】@JA紀南 中央購買センター2F