師走.2 第21回 紀州口熊野マラソン【2016.02.07】にて『ふるまい』


1)梅の持つ機能性発信

  糖分/水分/クエン酸 を

  容易に摂取できる梅ドリンクを

  ランナーにご提供
2)ミスなでしこⓇの情報発信

  ビネガーシロップの水割り

  の【ふるまい】を通じて実施

 
そんな目的の下、

2016年2月7日に開催される

『紀州口熊野マラソン』のゴール地点

にて『試飲提供』を行います



口熊野マラソン【公式】ホームページにて、告知いただいてます

第21回『紀州口熊野マラソン』にて、

昨年に続き本年も

『ミスなでしこジュース』

を【ふるまい】する事が確定しました!


『紀州口熊野マラソン』

ホームページとBlogにて、

ご紹介いただいてます。


如月の晴天の下、

【初】参加して『ふるまい』

させていただいた、昨年の活動写真です。

色んな方のご協力により
沢山のランナーに試飲いただく事ができました。


2/7【日】@上富田文化会館 付近

21回を迎え、ハーフマラソンとフルマラソンの参加者が各2,300人と、紀南地方でも有数のスポーツイベントが、『紀州口熊野マラソン』となります。

http://kuchikumano-marathon.jp/index.shtml


県内のみならず、近畿圏や首都圏からも多くの参加ランナーが集まるマラソン大会です。


当園では、

壱.『ミスなでしこⓇ』の情報発信

弐.梅の機能性発信


を実践できる活動として、『マラソン大会』の参加ランナーへの試飲提供を重要視しており、昨年の『紀州口熊野マラソン』への参加を口火に活動継続しています。

 
今回、【21回】を迎える事にちなんで、『2,100杯』の『なでしこジュース』の試飲提供をさせていただく運びとなりました!
昨年同様、ゴール地点付近にテントを構えて、ハーフマラソンとフルマラソンを走り終えられたより多くのランナーに向け、ご提供したい…と考えています。


ハーフとフルの参加人数が、総勢4,000を上回るので、全員にご提供するには至りませんが、年々少しずつ提供数を増やしていきたい…と思っています。
マラソンに参加するランナーの皆様、ゴール地点にて、キンキンに冷やした梅ジュースを作ってお待ちしています。