緑黄色【色合い:冬色】 和色紹介


緑黄色【冬】 冬色【色合い】 和×夢 nagomu farm 和の三要素【Wa-③rd】

一年で一番昼の時間が短い日【冬至】

冬至には、【ゆず湯】に入る習慣が

昔から根付いています。

 

また【南瓜:なんきん】を食べる習慣も

根付いてます。

・緑黄色野菜と呼ばれる【南瓜】

・柚子の果皮色【黄色】に類似してる和色

以上の2点から、

冬至にまつわる和色【緑黄色:りょくおうしょく】

を、【冬色】と認定しました。

壱.『緑黄色』の雑学

『緑黄色』は、

やや緑がかった濃い黄色とされています。

色名は、黄色に少し緑色が入っていることから

名付けられたと考えられます。

 

また、『ベータカロテン』を多く含む野菜は、

果実の色彩に関係なく

【緑黄色野菜】に属されます。

 

冬至に縁ある色と位置付けました


弐.『柚子:ゆず』の雑学

消費・生産ともに日本が一番の【柚子:ゆず】

柑橘類ミカン属ミカン科に属します。

一般的に【ホンユズ】と呼ばれます。

別種の小玉果実で早熟な【花柚:はなゆ/一才柚子】

を含めて柚子と呼ばれます。

 

果実特徴としては、

比較的大玉傾向/デコボコした表面/タネが多い/

独特の爽やかな香り/酸味が強い

事があげられます。

 

耐寒性が強く、病気の耐性が強いので、

無農薬栽培に取り組まれる事の多い作物です。

 

果実そのものが食される事はないですが、

料理の引き立て役として、日本食には欠かせない食材です。

黄ゆずの収穫期が、11~1月である事から

季節感【冬】を感じさせる、香り・味です。

 

柚子の産地としては、

高知県が全体量の半分【約10,000トン】を生産

徳島県/愛媛県が続く生産地となっています。

和歌山県でも、『古座川町ゆず平井の里』で

精力的に生産・加工販売に取り組まれています。

 

◆『温州みかん』の特徴

 果実が大きく食味に優れ、種が少なく高収量

 皮が手で剥きやすく、かいよう病に強い

 生産量が多い【表年:奇数年】と、

 少ない【裏年:偶数年】が存在し、

 隔年結実が顕著に発生する

 機能性成分【ベータクリプトキサンチン】を

 大量に含有する


※柚子【一口メモ】

◆ことわざ

 『桃栗3年柿8年、柚子の大馬鹿18年』

 種子から育てる実生栽培の場合、

 柚子は結実まで10数年を必要とする

 収穫時期短縮の為に、【カラタチ】への接ぎ木対応

 がなされている

 

◆原産

 本柚子:中国揚子江周辺

 ⇒飛鳥時代~奈良時代に栽培していた記載あり

 花柚子:日本が原産とされている

 

◆有力?品種『多田錦』

 トゲが少なく、種がほとんど無く、果汁が多い

 小玉傾向で、香りが僅かに劣る

 トゲが少ない為、秀品率高く、栽培に適する

 

◆俳句の季語

 果実:秋 / 花:夏 / 柚子湯:冬 を表す

出典:Wikipedia【柚子】


参. 冬至に『ゆず湯』

『冬至には【ゆず湯】に浸かる』という習慣が、

日本には根付いています。

 

冬至に【ゆず湯】につかる由来は、

以下のように伝えられています。

 

習慣が始まったのは、江戸時代頃と言われてます。

◆冬至:とうじ⇒『湯治:お湯に入る』

◆柚子:ゆず ⇒『融通:ゆうずう』

その語呂合わせから、

『お湯に入って融通良く』という意味が

込められているという説が有力です。

 

その他に、

柚子の香りは【邪気を祓う】といわれ、

【邪気を祓って身体を清める】/【禊ぎをする】事が

ゆず湯に入ってできると信じられた説もあります。

 

柚子の効能として、

◆血行や新陳代謝を促進する

 ⇒冷え性・神経痛、腰痛を和らげる効果がある

◆ビタミンCを全身から吸収する事で

 ⇒風邪予防・美肌の効果がある

◆柚子の香りによるリラックス効果が得られる


四. 冬至に『南瓜』

【冬至】には、

【ん】がつく食べ物を食すると【運】を呼び込める

と言われています。

特に【ん】が2つ付くモノを『運盛り』と呼び、

縁起を担ぎ、

栄養をつけて冬を乗り切る為に食されます。

 

『運盛り』の食べ物【冬至の7種】は、

【南瓜:なんきん】を筆頭に、

【人参/れんこん/うどん(うんどん)/銀杏/金柑/寒天】

の7つとなります。 

 

【南瓜:なんきん】が筆頭に挙げられるのは、

以下の3つの理由が大きいといわれています。

 ・冬至の7種:『運盛り』の1つである食べ物

 ・陰【北】から陽【南】へ向かう事を意味する

 ・栄養価が高く、風邪予防に効果がある

 

【南瓜】の栄養価

◆ベータカロテンを多く含む【緑黄色野菜】の代表的な野菜の1つ

 ⇒体内でビタミンAに変換される

◆ビタミンB群を多く保有する

◆西洋カボチャは、ビタミンC豊富

 カロテンも多く、ほうれん草に匹敵する

◆食物繊維が豊富で、便通改善に効果的